la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
幻覚体験☆ご近所ツアー
夜の十時。
大通りから一歩路地に入ると、ひょろりとした棒きれのような小さな人影が、何やらたたんだ傘のようなものを捧げ持っているのが見えた。
ゆっくり、前後にフラフラ揺れながら、傘に似た何かを垂直に支えて、長く尾を引く細い声で歌っている。アー、ともハー、とも聴こえる発音で奇妙な音階をたどり、どうやら故郷の星と交信しているらしい。
不思議な生きものに出会ってみたい、と常々思ってはいたものの、いざ現実に遭遇してみると怖い。あまりにも怖い。川上弘美みたいに一緒に写真を撮るなんて、絶対ムリ。

思わず早足になる私に、幸い相手は気づかないらしい。話し掛けてきたらどうしよう、と思いながら前を通りすぎてちらりと肩越しに振り向くと、もうそこには何もいない。ただ、黒い傘立てが放置されているのみ。

すごくドキドキした。
ある初夏の夜。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。