la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
親和と不和の日々
「わがために泣くものもないときに/私もまた人のためには嘆くまい」
(ロード・バイロン『チャイルド・ハロルドの告別』)


雨の音がやたらと煩くて、ああ、そうか、と私は思う。止まない雨はないなんて人は言うけど、降らない雨もないんだと。

嫌いだったはずのショパンが無性に聴きたくなって困る。こんな苛立たしい雨音には、あの無駄にセンチメンタルなピアノくらいしか太刀打ちできないだろう。何番だっけか、右手のためらうような数音で始まる短調のノクターン。キラキラと砕け散る琥珀のイメージ。

けれど、ショパンのCDなど一枚も持っていない私は結局、外の雨音を聴き続けるしかない。執拗でヒステリックな、今日のこの雨音を。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.