la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
長方形にはひとつ足りない
今日、仕事中に見つけたもの。

「長方形」という名の商品が「ひとつ足りない」という理由で売り物にならなくなったと、手元に届いた紙にそう書き込んであった。何となく奇妙に思った私は、メモ用紙に「長方形にはひとつ足りない」と書き込んで、それをポケットにしまった。

長方形というのはふつう、ひとつで「長方形」だと私は認識していて、何か複数のものが寄り集まって「長方形」を形作っているとはなかなか考えない。いったい、何が足りなくてこの「長方形」は売れなくなってしまったのだろう。

もしかすると組み立て式の箱か何かで、六枚なければならない板が一枚足りないということなのだろうか。でも「直方体」ではなく「長方形」と書いてあるからには、立体ではなくて平面に近いものなのだろう。

これがもし数学上の問題なら、長方形には頂点と辺とが四つずつなければならなくて、例えば三角形にはどちらも三つずつしかないから「長方形にはひとつ足りない」ということになるのだけれど、現実に三角形を前にして「長方形にはひとつ足りない」と考える人はまずいないはずで、だとするとこの「『長方形』から何かひとつが欠けてしまった商品」は「三角形」ではないのだろう。

もしかしてこの「長方形」は複数の形から成る「長方形」で、何か子ども向けのパズルのようなものなのだろうか。

「長方形にはひとつ足りない」。
真実は謎に包まれている。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。