la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
若緑のヘンゼル&グレーテル
「多くの種類は、実が成熟するにつれて緑から赤へと色が変わります(ピーマンも赤くなる)。」
(『コンテナで野菜づくり』武川政江 監修)


ピーマンも赤くなる。…いや、それだけなんですけど。私、今まで知らなかったものでびっくりしました。

この本は、読んで字のごとく、ベランダやテラスでの野菜の育て方を解説してある本だ。ソフトカバーでそんなに分厚くもなく、クリアな写真がたくさん載っていて、ミニ野菜図鑑みたいな趣き。眠れぬ夜の徒然にパラパラめくるのにもちょうどいい…のだけれど、いつしか夢中になって熟読して、却って夜更かししてしまったり。

「間引きが不十分で株が込みすぎていると、軸が太りません。」「植えつけは適期を守り、あわてて早く植えないことが大切です。」丁寧な語調でそんな風に教えてくれる。

ピーマンを「あわてて」植える人なんかいるのかな、と思ってちょっと微笑ましい。この語り口、何だか懐かしいような変な気持ちがすると思ったら、監修者が元小学校教諭。なるほど、優しくておせっかいでちょっと野暮ったい、中年の女性教諭の口調だ。

頂きもののミニトマトがあんまりうまく育てられなかったので、今は実モノは敬遠して葉モノに挑戦中。ターサイ(小松菜の仲間の中国野菜)の芽が今朝出たばかり。ベビーリーフ(サラカルトとかムスクランとかいう名前で種が売ってます。ルッコラやサニーレタスの仲間が何種類か混じって生えてくる)は間引いても間引いてもどんどん繁茂するので重宝です。

20071010094235.jpg


↑即席の和風冷製パスタ。茹でて冷水にとったスパゲティ(細めのもの)と、ツナ缶とスライスオニオンとベビーリーフを市販のポン酢で和えるだけ。お好みで削りぶしと海苔をプラス。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。