la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ツグミの歌が聴こえる頃には
「もしこれが、いままでに一度も見たことがなかったものだとしたら? もし、これを二度とふたたび見ることができないとしたら?」
(『センス・オブ・ワンダー』レイチェル・カーソン)


これはワインと向き合うとき、いつも思い出す言葉。
「センス・オブ・ワンダー」とは、不思議さや神秘性に眼を見張る感性のこと。

善きものに対して真摯に向き合うことは、確かに精神の歓びだ(サルビア、矢車草、マリーゴールド。淡いレモンイエローの奥にぽたりと濃紫の染料を落としたような色っぽい花は、そう、オクラの花だ。その向こうには立ち枯れた向日葵、夏の終わりの象徴として。それからペチュニアに松葉牡丹、わお、白いサルビアだ、初めて見た)。けれど、その感性は私の脆弱な神経にとっては諸刃の剣で、存在するすべてのものが善きものであるはずのないこの実世界においてそれは過敏さと同義になり、それゆえに私の脆弱な神経は傷つき疲弊せざるを得ない。

だから何だって、つまり、ええと。

どうやら私は適度に鬱状態でないと物が書けなくなってしまうらしく、9月に入ってから本当に思考がまとまらない(今回の更新では実はカーソンについてしっかり書こうとしていたのだけど、周波数の合わないラジオみたいにざわざわしてうまく思考のピントが合わない)。JIS規格キーボードを叩くのは私にとって鍵盤楽器を弾くのと似た歓びであったはずが、タイピングに思考が追いつかない(逆ではなく)という奇妙な現象が起きていて愕然とする。

ついでに本も読めなくなっていて、こんな時に読みかけなのが専門用語&造語満載のスチームパンク小説(ギブスン&スターリングの『ディファレンス・エンジン』)で、とてもこれ以上は続けられそうにない。仕方ないのでスティーブン・キングなぞ手にとって『図書館警察』を読み始めてみたのも失敗だった。読む度に思うのだけどキングってあまりにアメリカ的で、そう言えばコーラにもホットドッグスタンドにもロックンロールにも縁のない私はこの大作家が苦手なのだったっけ。

うーん、何なら読めるのかなぁ。
とりあえず、この秋の課題図書は八犬伝だ。
これは何年も先延ばしにしてた課題で、というのもテキストが沢山ありすぎてどれを選べばいいのか解らなかったからだ(もちろん原書は論外)。いま二つに絞って迷ってるのは勉誠社の現代語訳と偕成社のジュブナイル版。どちらか、図書館で先に見つかった方を読もうかな。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
「八犬伝」の文字を見て、原書は読んじゃだめー、と打とうと思った。
けど、その後に論外と書いてあったのでほっとした(笑)

原書は、女性差別表現とか動物差別表現とかが普通にあるから、その辺を適当に流せる人じゃないと辛いように思う。
2007/09/24(月) 00:19:34 | URL | マツド #WBN07k7g[ 編集]
マツドさん、久しぶり。そう言えば原書読んだんだっけ…(スゴい)。まあ時代背景を踏まえてれば、差別的な書き方にもそう過剰反応はしないと思うけど…とりあえず今日ジュブナイル版の1~2巻を借りて来ました。めちゃ面白そうです!
2007/09/30(日) 18:43:50 | URL | サト #-[ 編集]
あ、原書読んではいるけどまだ読破してない(笑)
最近集中力がなくて、しょっちゅう寄り道してるもので…。
2007/10/03(水) 21:54:08 | URL | マツド #WBN07k7g[ 編集]
長いもんね、八犬伝。
私は全四冊に縮小されたバージョンを一応読み終わりました(児童書だけに二晩で読んじゃった)。あまりにも縮小されすぎてて、あらすじを読んだような気持ち。つまらなくはなかったけど…。
八犬士、最初から強すぎるよ(笑) 
2007/10/10(水) 09:58:38 | URL | サト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。