la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
すべての善きものたち
赤い実。風に波立つ水田。羽虫を追う蝙蝠の乱舞。気怠いメランコリイを含んだ晩夏の夕空。その空を震わせる蜩の声(胸騒ぎのするBフラット)。遊ぶ子ども。物問いたげにこちらを見上げるむく犬。路地に洩れる夕餉の匂い。吹き抜ける一陣の風。

そして、それらすべての善きものたちが倦んだ心になお呼び起こす…生きる歓び。

秋は悲しみの季節。蜩の声そのままに、哀愁を歌う季節だ。けれどもまた、月の満ちる豊穣の季節でもあるということを、ようやく私は思い出した。

vendange(ヴァンダンジュ),何て美しく心を満たす響きだろう。ワインを介して知った中で私が最も愛するこの言葉は、どんな高級ワインの名前でもなく、「収穫」を意味するフランス語だ。
家への道を歩きながら、私は生真面目に空を仰ぐ。今こそ夏の倦怠を振り捨て、澄んだ目で世界を見つめる時だ。祈りではなく、希望でもなく、ただ、ひとつの意志を取り戻すこと。

それはすなわち、絶望との決別だ。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.