la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
招かれざる客への、深夜の言い分
夜。
疑いもなく夜。
ほぼ深夜。

リアルタイムでどうでもいいことをUPしてみると、つまり、つい先ほど、部屋にゴキブリが出たのです。
伏字になんかしませんとも。
ゴキブリです。
太字にしてもいいくらいです。
ゴキブリです。
それも、黒くて艶々して、ほとんど「ぷりっと」したやつです。

あのね、ベッドの上で須賀敦子の『ミラノ 霧の風景』を読みふけってるときに、エアコンの送風口からいきなり肩先にぽったり落ちて来るなんて、アナタどう考えても非常識でしょう。
冷や汗かきながら凍殺ジェットで凍殺して、台所用のビニール袋に密封して捨てましたけど。

うちは田舎住いなので、そりゃ虫は出ます。
おうち周辺にはスズメバチとかムカデとか、マムシなんかも平気で出ます。
庭の菜園においては、ミミズは土を耕してくれる「お百姓さん」だし、アシナガバチは害虫を捕食してくれる頼もしい「騎士」です。
家の中だって、ムカデもヤスデも出るし、蛾や蟻や謎の羽虫やらは普通に共存してるし、可愛いところで(?)ヤモリやアシダカグモはもう「友達」の域です。

でも。
ゴキブリは、なんかちょっと、違う。
でもまだ、台所や居間や、そういうところに出るんならまだいい(いいのか?)。

私が寝るとこに出るってどうよ。

ああもう、田舎ムリ。
(というか、都会でも出るのかあいつらは。)

何でもいいけど、いま私は須賀敦子の『ミラノ 霧の風景』を読んでいて、大好きな梨木香歩と通じるところがあるな、と思ってて、キリスト教とか海外での生活経験とか共通点も多くて、でも梨木さんは「白身魚とハーブ」の人で須賀さんは「生ハムとオリーブ」の人だな、と思って、今の私は生ハム&オリーブの気分なんだな、とか思ってて。

そんな時に肩先にゴキブリが落ちて来てそれを退治しなきゃならないっていう悲愴感。

はい。
ただいま退治完了しました。
とりあえず、ぶっちゃけずにはいられませんでした。

おやすみなさい。
早く涼しくなればいいのに。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。