la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
生活と思想の論争、私家版
「もう少し普通の人間らしく歩くがいい。」
(『三四郎』夏目漱石)

引用したのは夏目漱石の『三四郎』で、主人公がぶらぶらやってくる姿を目にした友人が笑いながら口にする言葉だ。その台詞は「まるで浪漫的アイロニーだ。」と続く。「ロマンチック・アイロニー」というのは集英社文庫版の脚注によると「ドイツのシュレーゲルなどが唱えた、芸術上の創作・批評における精神的自由」のことで、漱石に言わせると「何でも天才というものは、目的も努力もなく、終日ぶらぶら ぶらついていなくっては駄目だという説」らしい。

若かりし頃は「人はどこから来てどこへ行くのか」とか「人は何のために生きるのか」とか無駄に考えた挙句ハイデガーを読もうとして、結局一文もまともに読めず何ひとつ理解できなかったりした。今でもきっとハイデガーには太刀打ちできないだろうけど、書物というものにあれだけこっぴどく撥ね付けられたのは初めての経験で、私はその偉大なる「知」の呪文を前に、しばらく茫然と立ち尽くしていたのを覚えている。

思うに、当時の私がぶつかったのは単に「知のフィールド」のレベルの高さ、というだけのものではなくて、哲学の本質の一端である「不毛さ」でもあったのだろう。哲学は人生を解き明かすものでもなければ、決して人生を生きやすくするものでもない。むしろ生きることの困難をより際立たせる傾向のある厄介な学問だ。私が哲学と訣別したのはその性質のためなのだけど、そのくせ、私は未だに「知のフィールド」の外縁をうろうろしながら生きている。

それでも、私が求めているのは「知のフィールド」の中に立つことではない。軸足を「生活」にしっかり置いて、そのうえで「思想」を語ることだ。

過去も現在も「思想家」とか「哲学者」という地位にいるのがほとんど男性ばかりだ、という事実は、単に世間が女性に「考える資格」を認めていない、ということと合わせて、女性が自分自身と男性諸氏との「生活」をずっと担ってきたことに起因すると思う。つまり、「そんなことばかり考えてられるのは、奥さんがあんたのパンツを洗ってくれるからでしょ」ということ。その「生活」を担う女性の思想はと言えば、せいぜいが「おばあちゃんの智恵袋」くらいなものだと思われているのだ。

もちろん「生活」が「思想」を遠ざけてしまうことがあるのは事実だけれど、「生活」に根ざさない思想は、見ていてあまりに空虚だ。どんなに頭が良くても仕事ができても、自分の食べるものひとつ自分では世話できない人間って、とても不自然な、破綻しやすい生きものだと私は思う。

世界というものは実は突き詰めると必ず不可知論に行き着くのだけど、その中でひとつだけ確かなのは「私はおなかが減る」ということだ。そして、「怪我をすれば痛い」ということだ。つまりそれが唯一の、明白な真実なのだ。
もしそこに「思想」が存在しないのならば、日常の雑事の繰り返しがこんなにも無闇に幸福であるはずがない。

私は今ようやく、生きるために生きることを始めた。
「普通の人間らしく」歩く、とは、つまりそういうことなのだと思う。
たとえどこから来てどこへ行くのだろうと、私は今ここにいる(そして常にそうだった)。たとえ何のためだろうと、私は生きている(そして常にそうだった)。

ブラヴォ、生活。ブラヴィッシモ。
携帯から更新するのって疲れる!
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
携帯からこんな長文書くのは普通の人間じゃないれす><
ひとりぐらしは普通れす。

独り暮しは孤独と独立。
君に向いてると思うよ。
お幸せに。

ぼくは10年目。
2007/05/04(金) 11:53:19 | URL | のん #CCqvuYeo[ 編集]
うんきっと経済的自立っていうことがいちばん嬉しいんだと思う。

今日は実家のPCから(笑) でもこの記事、全文を携帯から入力したわけじゃないよ。

ま、私が目指すのは世間の言う「フツーの人間になる」ことじゃなくて、あくまでも夏目漱石の言う「普通の人間らしく歩く」ことなんだ。浪漫的アイロニー=思想、「普通の人間らしく歩く」=生活、という対比だったんだけども。
2007/05/05(土) 10:38:50 | URL | サト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。