la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
甘いものなんか要らない
「この世界というのは、わかりきったことばかりで成り立っているのだけど、誰もがそれをしっかり観察しているわけではないのだ。」
(『バスカヴィル家の犬』サー・アーサー・コナン・ドイル)


世界との歯車がどうにも噛み合わない日々。

・信号が青になっているのに気づかず、後続の車に軽くクラクションを鳴らされた。

・「お腹がすいた」と言ったら、持久系スポーツの補給食を差し出された。

・「しんぶんしありますか?」という質問に「新聞紙、ですか?」と訊き返したら、「え? いえ、あの、お手洗い…」と言われた(王様の耳はロバの耳、私の耳はバロの耳。バロって何だ?)。

・皆が「超絶美人!」と言って騒いでいる女の子を見に行ったら、「普通に可愛らしい」女の子が「普通に可愛らしく」にこにこしていた。とても可愛らしかった。

・お客さんからとつぜん「わしの頭より小さいな!」と(怒ったように)言われ、呆然として何も答えられずにいると、「わしの頭より小さい、言うてんねん!」とさらに怒られた。

・紅茶を淹れようとして、インスタントコーヒーの蓋を開けた。

・マシャの夢を見た。バス旅行をしていてツアーガイドのお姉さんから「この人がマシャです」と、長身で痩せぎすの女性を紹介された。「あのー、最近では一般的に、マシャというと福山雅治のことでは」と疑義を呈すると、ガイドさんに「違います。この人は特別なマシャです」と不思議な理屈で一喝された。マシャというのはトルコのパシャ(将軍)みたいな、何か特別な称号なのらしい。その長身で痩せぎすの女性はきっと魔法使いなのだ、と私は思った(私は福山雅治のファンでは全然ない)。

・夜、部屋に巨大なゴッキー(ゴキブリの愛称)が出て、凍止ジェットがなかったのでやむをえず殺虫剤で撃退するも、本棚の後ろに逃げ込まれた。その後ずっと部屋が殺虫剤臭くて、窓を全開にしていても自分が毒を吸い込んでるような気がしてなかなか眠れなかった。

・巨大ゴッキー騒動の翌朝、職場にミニミニゴッキーが出て、こんなの可愛いもんだよー、とガムテープで撃退を試みるも敢えなく失敗(ヤツらガムテープにはくっつかない体質らしい)、けっきょく同僚にティッシュで撃退してもらう。

うん、まあ、そういうこともある。
・・・あるよね?

追記。
この世界がわかりきったことばかりで成り立っているとしたら、そしてそれをちゃんと観察していられるとしたら、それなりに優越感や万能感はあるのだろうけど、そんな人生ってきっと、退屈でつまらないものだろうと思う。
歯車が噛み合わずに躓いたりよろけたりするのは、後になってみれば笑えるエピソードになるし。

笑い話は、生きる糧だ。
そして、他人より自分を笑えるか否かが、たぶんほとんど、その人の幸/不幸を支配するように思う。
デブも、ハゲも、阿呆も、不細工も、ぶきっちょも、まず最初に自分でそれを笑うことができればそれはハンデではなく切り札に変わる。
そして、どんな理由であれ他人を笑う人は、その笑いが羨望、妬み、侮蔑、嫌悪、それらのどの段階にあっても、本当の幸福を見出すことはできないだろう。

うん、自虐ネタというのは他者を傷つけずに済むのが良い。
馬の身喰いみたいなもの?
いや、きっとワインの発酵みたいなものだ。
.きっと。
まあ、無理にでもそう思うことにしよう。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。