la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ワラジムシ、ドーバー海峡、舌と靴底
過日、スーパーに買い物に行って、鮮魚売り場で何やら不気味なものを見つけた。
平たく、のっぺりしている。
ワラジムシとナマコの合いの子のように見える。
兵庫県産。
380円。
パックに貼ってあるシールには、産地と価格がそう印字されている。
そしてもうひとつ、「舌ヒラメ」の文字。

え? 舌ヒラメ?
もしかしてこいつ、舌平目なの?
※ちなみに私は、舌平目というのはドーバー海峡でしか獲れないものだと思っていました。

大きさは頭も入れて30cm弱。二尾入って380円。
安すぎる気もするけれど、腐っても舌平目だろう、きっと、多分。
「今日の晩ご飯、舌平目のムニエルだよ」って、貧乏グルマンな私にはどうしたらいいか解らなくなるようなズレ感と高揚感があって、パックをカゴに入れてそのまま躁状態に突入。
※実は舌ヒラメと舌平目は別物だったとか、調理に大失敗したとかいうオチは、あってほしいけどありません。

家に帰ってさっそく、インターネットで舌平目の捌きかたを調べる。
とても丁寧な解説が見つかる。
「意外と簡単です」と書いてあって、確かに意外と簡単だな、と思う。
裏側から喉もとへ包丁を入れて、皮一枚のこして切り込みを入れる。頭をわし掴みにして、反対の手で身をわし掴みにして、頭とつながっている表側の皮をべりべり剥ぐ。つもりが、めちゃめちゃ固い。ぜんぜん剥がれない。ぬるぬる滑る。
格闘しているうちに、頭がちぎれる。
そんな悪戦苦闘の末、何とか表裏とも皮剥ぎに成功(まあ、技術的に「簡単」なのは確かだけど、かなり腕力がいるわな、と呆れる)。
皮を剥いてしまえば、実に美味しそうな、綺麗な身だった。
ただ、あまりにはかなく薄っぺらいので、三枚おろしは断念して骨ごと調理することに。

生トマトと人参をオリーブオイルとガーリックで炒め、ちょっと煮詰めて、ハンドブレンダーでピュレにする。
舌平目に塩胡椒をして少しおき、小麦粉をはたいて、バターソテー。

気分を盛り上げるために、なんちゃってフレンチな盛り付けを試みる(うーん、だいぶ残念な感じ)。

でも味は紛れもなく、「舌平目のムニエル」だった。
今までムニエルにしてきたどんな魚より美味しかった。
たぶん、レストランとかで使うには小さすぎて売れないやつを、ほとんど投げ売りみたいにして店頭に並べていたんだろう(勝手な想像)。でも、家で調理するにはちょうどいい大きさだったし、苦労した甲斐があった。

でも今まで売ってるのを見たことがなかったので、もしかするとすごいレアアイテムなのかも。
Y屋という垢抜けない、鮮魚売り場以外には何の魅力もないスーパーだけど、魚だけは充実していて、ほうぼうとか、めばるとか、金目鯛とか、普通に売ってる。
これからも珍しい魚に出会えるのを楽しみに、時々のぞいてみよう。

RIMG0004.jpg

RIMG0005.jpg



RIMG0011.jpg


追記。
楽しかったことや嬉しかったことを人に話すのは、確かに「自慢話」なのだろうけど、他人の自慢話ってそんなに癇に障るものなの? と私は疑問に思っている。他人の楽しかったことや嬉しかったことを聞くのって、私は大好きなのだけど(羨ましくて身悶えするのも大好き)、ふつうの人はそうじゃないのかしらん。だとしたら、こういう記事も嫌味な自慢話だと思われるのかなあ。うーん、それは嫌だな。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。