la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
ieの孤独な闘争(と、その展望)
初めて自分で買って自分で運転した車はアルトワークスの最終型RS-Z、潤んだ目をした外見のせいでコアなアルトワークスファンからは難癖をつけられたりするモデルだった。でも私にとってはそんな外見も色(平凡な白だけど、昨今の車の白よりほんのわずか、オフホワイトに近い)も乗り味も非の打ちどころのない、大事な大事な相棒で、事故で廃車にしてしまうまでの九ヶ月、乗るのが楽しくて仕方がなかった。

事故のあと、車屋さんが「次の車が見つかるまで」と貸してくれた代車は、スティングレーだった。攻撃的な顔つきとは裏腹にとても静かに走る車で、まるで車じゃなくて部屋が動いてるみたいな気がした。車に「乗せられてる」感じでどうしても好きになれなかったし、慣れることもできなかった。

だから、ようやくRS-Zと同じ外見をした二台目のアルトワークスが見つかったとき、心の底から嬉しかった。
アルトワークスの「ie」というモデルで、車屋さんまで引き取りに行ってみると、一台目とまったく同じ人待ち顔をしてそこに止まっていた。

でも、エンジンをかけてアクセルを踏んだ瞬間、ああ、全然ちがう、と思った。家まで運転して帰る間もずっと、これは「私の車」じゃない、と思い続けた。そんな風に思えば思うほど、事故を起こした自分を責めた。

その後も、フロントガラスが雨にからきし無力だったりいわゆる「ベルト鳴き」がしていたり、エアコンのコンプレッサがただごとじゃない異音を出して修理を頼まざるを得なかったり(車屋さんは「初期不良」という扱いで無料で直してくれたけど)、たまに不意打ちでパワーステアリングが利かなくなったり、先日は行きつけのガソリンスタンドで(「今日も飛ばしてはりますかー?」という結構なご挨拶。車が車だから仕方ないけど)、後ろのタイヤが金属片を踏んでスローパンクを起こしていることが判明。「普通これだけ空気抜けてたら、多少は違和感あるんですけどねー」と言われて、何も気づいてなかった自分にがっかり。

フィーリングが合うとは言い難いし、それ以前に、トラブルが多すぎる。
もちろん、並みの軽自動車よりはよく走るんだろう。
でも、RS-Zは九ヶ月の間、一度も、何のトラブルも無かったのだ。

そんなことをぐだぐだと考えながらも、ほぼ毎日、私はieのおかげで仕事に通い、買い物をしている。
そう、ieだって車なんである(グーグーだって猫であるように)。
本当に、とても、お世話になっているんである。
確かにRS-Zの時みたいに、休みの日に大した用事もなく、車を運転するためだけにドライブに出かける、なんてことはなくなっている。
まあ、でも、私にとって車というのはそれくらいで丁度いいのかもしれない。

というわけで、明日も元気に(?)ieで通勤します。

追記、今年の目標をふたつ。

ひとつめは、安全運転。

ふたつめは、早寝早起き。もとい、毎朝ちゃんと庭に出て、畑の様子を見ること(アゲハの幼虫はでかくなると心理的に駆除しづらくなるので、卵のうちに取り除くこと)。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.