la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
民の声にもまともな声がたまにはある
「天の声にも変な声がたまにはある」
(福田赳夫/再選確実と思われていた総裁選で惨敗したときの言葉)


もう少し政治のことを勉強しなければと思って、それでも頼るツールがgoogleのみ、というところに自分の軟弱さを感じつつ。
そしてインターネットの情報はこちらのメーターが簡単に振り切れてしまうくらい(カルト的に)錯綜していて、ロッキード事件のことを調べていたらいつのまにか「福島の原発事故はアメリカの陰謀だった」とかいう話に紛れ込んでしまってくらくらする。

それでも、偶然たどりついた個人のブログがはっとするほど理知的で地に足の着いた論評をしていたりもして、そういうページに行き当たるとすごく力づけられる。
集団的自衛権の容認とか、原発の再稼働とか、それこそ今後の日本に半永久的な影響を及ぼす(というか、今後の日本のありかたを決定的に変えてしまう)安倍政権のあれこれは、もうほとんど正視に耐えないくらいなのだけれど、いったい本当のところ何がどうなって、どんな人がどんな理由で安倍政権を支持しているのか、いち庶民&いち有権者たる私には実態がさっぱり解らない。

少し前、「今の憲法じゃ、やられたらやられっぱなしになってしまう」という意見について触れたことがある。
私はいくぶん感傷的に「たとえやられっぱなしでも死人の数は少ないほうがいい」と書いたのだけれど、本当は、これはそういう感傷以前の問題なのだ。
つまり、今の憲法でも、やられたらやり返せる(つまりそれが「自衛」だし、それも自衛隊のお仕事のひとつだ)ということ。

だから、安倍政権が集団的自衛権にこだわるのは、別に国民を守るためじゃない。

「憲法の拡大解釈」という手段は、ぐんにゃりしていてとても気持ちが悪い。これは正面から改憲を主張するよりもっとずっとたちの悪いやりかたで、いったんそんなことが可能になったら「憲法」はまるごと有名無実なものになってしまう。
たとえば個人と個人で、「私とあなたはお互いに傷つけ合わない」という不可侵条約的な約束事をしたとする。今の安倍政権がやろうとしているのは、その約束をした後に「私」と「あなた」の定義を問うようなもので、「『あなた』とは何か」を突き詰めることで「あなた」の範囲をたとえば「魂」とか「肉体」とかに限定して、本来「あなた」に属するはずの「あなたの周辺」を傷つけることができるようにしてしまう、そんな行為だと思う。

言葉の意味を愚直に問い直すことは、それ自体はとても大切で有意義なことだ。
けれど、何かの意図があって、しかも解答を先に用意しておいてそれを問い直すのは、とても狡猾で危険なやり口だ。

ずいぶん回りくどくなってしまった。
たぶん、「結局、なにが言いたいのか」は伝わるんじゃないかと期待してはみるけれど。
追記、こんなことをずっと考えているのは、ここしばらく家で政治的議論を続けているせい。
そして、あれこれ調べてるうちに、大学時代に尊敬していた人が「自分はちゃんと生ききれていない」なんて書いているのを見てしまったせい。
生ききる、なんてことが普通にできるとは思わないけれど。
そして、たぶん表に出さないだけで何かしらの活動をしてるはずだと思ってしまうけれど。
どうにも腑に落ちなくて、他者に幻滅できるほど自分が完璧なわけではないし勝手な幻想を抱くのも迷惑な話だし、といろいろ言い訳をしてみるけれど、結局のところ、もやもやするんだ。

って、ひとまずタイムアウト。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。