la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
狼が目覚める夜/時計に蟻がたかる夜
「…、自己の存在を頑なに保持し続けることが結果として他者に徳をなすのであり、人間のこの本質的な性向のうちに自己の幸福は見出されるのだと。」
(『不在者の祈り』/タハール・ベン・ジェルーン)


狼が唸る。
本当に、毛を逆立てて唸る。
感情が暴走するというよりは、かなり理性的な判断によって、私は私の感情を解放する。
安心してるんだ結局、と思う(解放しても大丈夫だと思うからそうする、という意味で)。
同時に、警戒してもいるんだ、と(解放する時にも子供が駄々をこねる風を装ってしまう、という意味で)。
本心を言えば、私はこの狼を飼い馴らしたくない。
むしろ、この狼の気の向くままに、「闘争」の領域へスイッチを切り替えたい。
やってみれば、できるかもしれない。
私になら。
まして、今なら。

けれど、リスクがないということは、安心材料であると同時に不安材料でもある。
暴走の危険性。
今のところ、いちばん身近にいる相手が極めて理性的なので、狼の首にはリードつきの首輪がついていて優しく引き止められている。
それでも、うなじの毛は逆立つし、唸り声は止められない。
狼的には、引っぱられると余計に反抗したくなる。

そんなややこしい夜なのに、いま私の部屋のサイドボードの上で、目覚まし時計がしゃっくりを起こしている。
電池が切れかけてるんだろうと思って新しい電池に変えると、ぴたりと静止してしまう。
ささくれだった気分に任せて(お約束的に)時計の側面を何度か、手のひらでパン、と叩いてみる。
動かない。
あらためて注視して初めて、蟻がたかってることに気づく。
かなり小さくて赤っぽい蟻。
色的には、きわめて美しい蟻だ(私の大好きなガーネット色~暗褐色へのほとんど神秘的なグラデーション)。
行列を作って食べものを運んでいる様子はない。目覚まし時計の底あたりと、文字盤の中にだけ、数匹いる。
数えたところ四匹。
たった四匹じゃ「たかってる」と言うほどのことはない。周囲をくまなく調べても、他のどこにもいないし、どこからやって来たのかもわからない。
何故?

私は、時計のいわゆる「コチコチ音」が子供の頃から苦痛だったので、「コチコチ音のしない時計」が徐々に市民権を得ている昨今、「ああ苦痛なのは私だけじゃなかったんだ、供給する側が無視できないくらいの需要があるんだ」とありがたく安堵している。というわけで、私の部屋にあるのは「コチコチ音のしない時計」、つまり不眠がちな私の夜をあの「貴重な休息の時間を削ってゆく焦燥感あふれるリズム」から解放してくれた初めての時計だ。

秒を「刻む」ことをやめ、ゆっくりなめらかにすべってゆく秒針。
時の流れを「カチ、コチ」という脅迫的な心拍から解放し、「途切れることなく流れ続ける」という本来の時間の概念に寄り添う、画期的な機能。

その時計がいま、蟻にたかられてるんである。
そんで挙動不審というか、不整脈というか、「ジジ、ジジジ…」というような音を立てて苦しげに遅れがちになっている。

とりあえず、目に見える蟻を(しばし観察したのち)駆除してみる。
すると、何事もなかったかのようにまたなめらかに動き出す。

蟻のせいなのか?
そうなのか?

元来、私は自然豊かな(つまり虫も豊かな)木造住宅で幼少期を過ごしたので、今さら蟻ごときには動じない。
でも、蟻というのは食器棚にしまってある蜂蜜瓶なんかにたかるもんだと思っていて、そういう場合は蟻の通路を輪ゴムの切れ端で遮断してやれば良いという田舎的知恵も備えている。

しかし、時計にたかる蟻というのは初めて見た。
もしかすると私の時計は、私が思っている以上に、甘くて美味しいんだろうか。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.