la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
図書館の悪魔/どくしょきろく
「You can’t judge a book by looking at the cover.」
(表紙を見て本を判断しちゃいけない。)
(Bo Diddleyの曲「You Can't Judge A Book By The Cover」の歌詞)


信じがたいことに、世の図書館には神様だけじゃなく、悪魔も潜んでいる。
今回はその、悪魔のほうの話。
というか、その話を含めた、どくしょきろく。

トマス・ピンチョン『LAヴァイス』(85点)
図書館の悪魔の仕業で、『重力の虹』が見つからなかった。こちらは何だかドライヴ感あふれるホットな探偵小説で、意外と普通に読めるな、と思いながら読んでたら、訳者のあとがきに「ピンチョンなのに普通に読める」と書いてあって笑った。ピンチョンって「がさつなウンベルト・エーコ」みたいなイメージを勝手に持ってたけど(なんじゃそりゃって、壮大で難解で謎解きし甲斐のある感じ、それのがさつバージョン。なんじゃそりゃ)、今回、これだけの構想を少しも失速せず駆け抜けるように読ませる文体力(?)のほうが印象に残った。翻訳も良かったんだろう。うん、面白かった。

パオロ・マウレシング『復讐のディフェンス』(65点)
図書館の悪魔の仕業で、ありふれたミステリだと思い込んでしまった。もちろんチェス小説だから借りたんだけど。「現在=死体発見」から始まっていったん時間軸を戻し、「事件に至るまでの数時間=列車での対話」が進行してゆく傍ら、「過去=『私』による回想」が語られる、という凝った構成。「私」の回想も現在から時代を遡ってゆく形で、物語の半ばまで来てようやく焦点となる時代が語られ始めた瞬間、読み手は突然ダッハウに始まる強制収容所の悪夢に引きずり込まれる。私は、読み終えた時にはもうボロ雑巾みたいになってしまった。ちなみに事件の「why」は明かしても「how」が謎のまま(読者の想像に任せるということなのか、私が暗示を読み落としただけなのか)。ミステリには分類できないと思うのだけど、邦題や表紙がミステリっぽすぎる(原題は“リューネブルグ・ヴァリエーション”)。

ジュリアン・バーンズ『太陽をみつめて』(挫折)
図書館の悪魔の仕業で、表紙が良かったので借りてみた。ことさら嫌な感じはしなかったのだけど、何故か、半ばまでもたどり着けなかった。悪魔の仕業とはいえ、不甲斐ない。

ジャック・フィニィ『レベル3』(60点)
図書館の悪魔の仕業で、正味の採点(75点)から15点マイナス。短編集。情緒豊かでノスタルジックな雰囲気(あ、『ゲイルズバーグの春を愛す』の作者だった)、ユーモアと人間愛に満ちていて、読んでいて気持ちよかった。じゃあ15点マイナスって何なんだというと、単に、私が高所恐怖症だから(ごめんなさい)。この本に入ってる『死人のポケットの中には』という短編が、もう、手に脂汗が滲んで目がくらんで動悸・息切れがするくらい怖かったのだ。ただそれだけ。※著者にも翻訳者にも出版社にも、いっさい落ち度はありません。

バルガス・リョサ『都会と犬ども』(90点)
ペルーの士官学校レオンシオ・プラドの日常を描いた物語。厳格なはずの士官学校で繰り広げられる完全な弱肉強食の世界。生徒たちは過激な暴力や残酷な狡猾さによって他者を踏みつけ、煙草や酒を買い込み、賭博をし、殴り合い、盗み、脱走し、売春宿に通う。そして、そんな実態を「将校たちは知らない」。物語は寄宿舎での日々と、三人の少年の生い立ちや外出時のエピソードとを、交互に描く。三人称で書かれる章段に時折、一人称のモノローグを挟んで。
最初は読了できないだろうな思っていたのだけど、彼ら(生徒たち、将校たち)がすごい力で私の腕を引っつかんでぐいぐい先へ連れて行くものだから、振り切れず、一気に読み切った。全体にいわゆる小説的な「仕掛け」まで施されていて(自伝的小説には珍しいかも)、驚いたのと興奮したのと。リョサがアレクサンドル・デュマを「理想」として挙げていることを知って、納得。面白かった、と言ってしまうにはあまりに強烈な一冊だったけれど、でも、面白かった、凄かった。

アントニオ・タブッキ『レクイエム』(95点)
リスボン、七月最後の日曜日、白昼夢のような手触りの物語。語り手が真夏の街を彷徨いながら、たぶん亡霊だったり生身の人間だったり夢だったり記憶だったり象徴だったりする人々と出会ってゆく。冒頭に「この本で出会うことになるひとびと」というページがあって、ジプシーの婆さん、タデウシュ(死んだ友人)、若き日の父親、模写画家、灯台守の奥さん、物語売り、などと列挙してある(ぜんぶで23人)。そして本編ではその一人ひとりについて、語り手が行き会ってまた別れるまでの一幕が描かれる。時には短い会話、時には長い語らい、或いは食事、昼寝、ビリヤード。ところが、23人中ただ一人、会っている間のことがまったく描かれない人物がいる(ページを飛ばしてしまったのかと一瞬、思う)。驚いたことにその、「描かれなかった人物」と「描かれなかった場面」こそが、他のどの場面よりも深く記憶に残るのだ(小説は印刷された言葉で成り立っているものなのに、印刷されていない場面のほうが鮮烈だなんて、凄い)。
「描かれた場面」の中ではアレンテージョ会館のボーイ長との一幕がいちばん好きだけれど(対話もいいし、ビリヤードの賭けもいい)、物語全体の中では、この「描かれなかった」場面、そしてその場面が「描かれなかったこと」が、いちばん好き(感傷的な見方をすれば、一度は書かれたのかもしれない)。
たぶんこの作品が、タブッキの著作の中では、私の最愛の一作になるだろう。
(まだ全作読んでない。というか、タブッキが2012年に死んでたことをさっき初めて知って、かなりショック。68歳、まだ若かったのに、と思う。ちょうどタブッキの小説を三冊借りてあったのが、何だか「追悼特集」みたいになってしまった)。

アントニオ・タブッキ『イタリア広場』(85点)
「この本のおかげで私が作家になるとは、気がついていなかった」とタブッキは振り返っている(「第二版への注記」から)。つまりこの作品がタブッキの第一作。でも、「エピローグ」から始まる構成とか詩的な章題(「十年の歳月とひとつの時計」「公式には、夜の七時に」「ふたりに三つの占い」などなど)とか、イタリアの歴史(広場のモニュメントに象徴される)に対する視線とか、それに対峙する人々の描きかたとかが、既に完成された作家タブッキのもので、驚嘆する。
他のすべての作品の要素が含まれている、「素晴らしい作家の処女作」らしい一冊。
あともう一冊、『黒い天使』が手元にあっていま読んでいる最中。
未読の作品は、邦訳出版されてる小説だとあと二冊くらいしかなさそうで、悲しい。

ひとまず、今回はこの辺で。

追記、引用はボ・ディドリーという人の作った曲の歌詞。
以前ちらっと触れたThe Strypes のカバーで知ったのだけど、ヤードバーズとかストーンズとかもカバーしてる「名曲」みたい。シンプルだけどカッコいい歌詞。恋の歌を装った、差別や偏見に対するメッセージとも受け取れる。
「木を見て林檎を判じちゃいけない、蜂で蜜を判じちゃいけない…表紙で本を判じちゃいけない」「君は僕を誤解してる、農夫(ファーマー)に見えたって、僕は恋する男(ラヴァー)なんだ…」
(訳は適当です)

ちなみに、原曲はかなりネットリした感じで私の趣味には合わない。ストーンズのカバーはなかなか良い感じ。The Strypes のバージョンだと一気にカッコよく垢抜けるのだけど、あの都会の坊や的ルックスで「僕は農夫に見えるけど」って歌われてもねえ。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。