la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ヌーヴォーの、甘く優しいカウンターパンチ
「…酒屋の隅に追いやられていることが多いので、ついつい応援したくなりますね。」
(柳忠之『名ソムリエの、おうちワイン』より、アルザスのピノ・ノワールについての林寛氏の談)


毎年恒例、ボジョレー・ヌーヴォー解禁日です。
毎年恒例ですが、解禁日だいぶん過ぎてます。

これも毎年書いてる気がするのだけど、私は本来、ボジョレー・ヌーヴォーが嫌いだ。まして今年は「仕事で関係なくなったから」という徹底した薄情さで、ほとんど解禁日のことなんか忘れ去っていた。
たまたまお酒を買いに行ったお店で、店員さんが陳列しているのを見かけて「あ、もうそんな時期かぁ」と嘆息していて、ふと気がついた。
あれ? 今日ってまだ水曜だよね? 解禁、明日だよね?
レジに持って行ったらそのまま買えてしまうんだろうか、と思ったけれど(解禁日の午前零時より早く売るのは違法です)、敢えて試してはみなかった。

さてさて、解禁日から四日めの今日。別な用事があって京都のイオンモールに行き、ぷらりとカルディ・コーヒーファームに立ち寄った。そうしたら、「ただいまワインコーナーにて、ボジョレー・ヌーヴォーの試飲を行っておりまーす」の声。
一応、買わなくても、テイスティングしておけばヌーヴォーに対する義理は果たせるよね。
というよく解らない理屈で、さっそく店内ワインコーナーへ。

フルボトルで二千円ちょっとの、POPによると「極上ヌーヴォー」。
でもまあ、そんなに期待するほどのものじゃないのは解ってるから、冷めた気持ちでプラカップを受け取る。
色調は、凝縮感のある濃いルビー色。君ほんとに新酒かね、と心の中で訊いてみる。
香りはほとんど取れなかったけど、「私は育ちのいいワインです。」と言ってるような、上品な赤系果実がほんのり。いかにもヌーヴォーなガムっぽい感じはない。
口に含むと、トーンは高いけれど丸みのある酸が最初に来て、中盤からふわりと優美な甘い果実味が広がる。ヌーヴォーにしては稀有なくらいバランスが良く、余韻も綺麗。ずいぶんエレガントで、ワインとしての余裕さえ感じさせる(普通ヌーヴォーというのはどこかしら不自然な緊張感を持ってるものだけど、それが全然なかった)。

余韻に残るブドウの新鮮な皮っぽさにこちらが気づいて初めて、「ああ、バレてしまいましたか、実は私、新酒なんです」と、ちょっと肩を竦めてみせる感じが何とも小粋。
最近、果実味ぎっしり&タンニンどっしりよりもピュアで透明感のあるワインのほうが好きになってきてるのもあるけど、その辺のACブルゴーニュよりずっと好印象だった。
というより、私がヌーヴォーを蔑視しすぎてたんだろうか?

結局、試飲で満足しちゃって、買わなかったけどね。
追記、引用は林寛ソムリエのインタビューから。酒屋の隅に追いやられているワインを応援したくなる、というのも楽しいし、あとは実家にドン・ペリニョンを持っていったときのエピソードも楽しい。「おやじが自家製の塩ラッキョウをつまみに、『うまいね、このサイダー』って(笑)。」
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。