la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
フェアリィ・スクエアを夢みて
「気まぐれによる服従。」
(『パンセ』ブレーズ・パスカル)


失業して一ヶ月。
私が何をやっていたかというと、自慢できるようなことは何もしてない。
ベランダの植物に水をやって、自分にはごはんをやって、洗濯とか掃除とかして、あとは本を読んでた。
驚くべきことに、日々はそれでも過ぎてゆくのだ。
とても無為に、とても夢想的に。

たまにハローワークに行ったり、遊びに行ったり、実家に行ったり。
社会的な立ち位置は、紛れもなく「プー」(これは数日前に行った元・取引先の展示会でそこの人に言われた。実は先月末で退職しまして…と挨拶したら、目ん玉ひんむいて「それじゃ、プーじゃないですか!」という大仰なリアクション。でも不愉快な感じは全然しなくてむしろ清々しい感じ。なので私も思わず笑い出して、「そうなんです! プーですよ!!」と大仰に返事をした)。

半端な貯金が目減りするのは不安だし、「自分に半端な猶予を与えられるだけの蓄えがある」というのが良いことなのかどうかも確信が持てないけれど。
でも、今この時、「お金」よりは「時間」のほうが貴重なんだ。
自分のために使うもの、という基準で見るならば、圧倒的に、時間>お金、だ。
人のために使うのが容易なのは、お金>時間。
普通は逆、みたいだけれど。

だから、私は時間を惜しむ。
なんか実のある活動をしてないと自分の存在価値が揺らぐ、ということかもしれない。
それで、フェアリィ・サークル(アイルランドで、森の茸が円環状に生えるのを「妖精の足跡」として名づけた素敵な伝説)ならぬフェアリィ・スクエア(長方形に区切ったガーデニング用地)を、何だか祈るような気持ちで耕したりした今日この頃(そこにハーブガーデンを作ろうと勝手に夢想しているのだけど、あんまり勝手すぎるかも、と思いつつ今後の試行錯誤に任せる感じ)。

もとい、そういうこと(仕事についてぐたぐた言う奴がいたら何もさせないでおいてみろ、すぐに前言撤回するから、というようなこと)をパスカルが言ってたっけ、そういやパスカルって何で死んだんだっけ、と思って、『パンセ』を読み返したり(そうだよね、こんな生真面目で厳格なクリスチャンに自殺はできないよね)。
その分厚い文庫本のあちこちに、昔の自分が鉛筆で線を引いたり疑義を呈したりしていて面白かった(過去の自分が今よりもっとずっと、攻撃的で刺々しかったのを悟る)。

最終的には、自らの信仰を全肯定してしまっていることで、かつての私はパスカルを拒否したのだけれど(「原典と解釈の歴史…手に負えない」とか「奇跡を求める心理を否定しておきながらこの言い草は何だ!」とか「裸の王様!!」とか、汚い字で書き込んであって赤面する)。

それでもこの稀有な学者の一言一言には、徹頭徹尾、真正面から他者と対峙し、自分と対峙し、物事を突き詰める力が籠っている。
痛いけれど、自覚しておくべき言葉たち。

読み返して、鉛筆の線を何本か付け足して、最終的に訳者のあとがきでやっとすべてが落ち着いた。
「パスカルの比類のない誠実さと、読む者に突如として人間性の深淵の前に自分を見出させる力を持った驚くべき表現力と相まって、今でもなお、パスカルの結論に服さない者をも含む無数の人々の心をゆさぶり続けているのである」(太字強調は私)。

そう、私は確かに「パスカルの結論に服さない」。キリスト教の教えには共感するところが多々あるし、他のどんな宗教よりも「好き」だけれど、全肯定はできない。

それでも、パスカルは今でもなお、私の心をゆさぶる。

生真面目であることの病。
とうの昔に引き受けたはずの負荷だけれど、それは今でもなお、私の心を苛む。

うん、でも、そうなんだ。
それって、「とうの昔に引き受けた」ことなんだっけ。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.