la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
世はなべて、こともなし。
「あげひばり空を舞ひ/かたつむり枝を這ひ/神 天にいまします/なべて世は 事もなし」
(劇詩「ピパ、過ぎゆく」/ロバート・ブラウニング/wikipediaに載っていた原文と上田敏の訳詞から孫引き?孫訳?)


hutahoshitentou.jpg


「なべて世はこともなし」という一節はいろいろなところで引用されていて、前々から、目にするたびに軽やかな満たされた気持ちになる「好きな言葉」のひとつだった。
それが今回、ここに引用するためにインターネットで出典を調べてみて、驚いた。
聖書か何かだと思っていたのが、ロバート・ブラウニングの詩だったのだ。

ブラウニングのことはよく知らない(ちゃんと読んだことがない)のだけど、とても近しい慕わしい気持ちがするのは、この詩人が以前「どくしょきろく」で触れた本(ヴァージニア・ウルフの『フラッシュ』)で、エリザベス・バレット(後のブラウニング夫人)の愛犬フラッシュにふくらはぎを噛まれ「闖入者」扱いされていたあの「ブラウニング氏」だからだ。

そんで、上田敏が「lark」の訳語とした「揚雲雀(あげひばり)」は、私の祖母が自分の句集につけた名でもある(祖母がこの詩を知っていたかどうか、今となっては確かめようもないけれど、訊いてみたかったなぁ)。

本題と脱線が逆転してしまったけれど、「なべて世はこともなし」という言葉を思い出したのは、昨日の朝、アブラムシ駆除のために(セロハンテープ片手に)ベランダに出たときのこと。

それまでワイルドストロベリーにだけたかって、ミントには見向きもしなかったアブラムシたち(ミントの香気を嫌うのだとばかり思っていた)が、急にワイルドストロベリーを見捨ててミントに密集していたので、吃驚仰天。
しかも傍若無人に繁茂するイメージしかなかったミントが、何だか元気がない。
ようし、いま助けてやるからな。
と、勢い込んでぺたぺたやっていて、葉っぱをひっくり返したとき。

黒くて艶やかな、プラスティックの半球が目に飛び込んできた。
咄嗟に、「ああ今年もまた招かれざる客(正体不明の昆虫か正体不明の病気)がやって来た」と、慄いて手を放してしまったのだけど。

おそるおそる、もう一度観てみると、黒い半球にはふたつ、赤い斑点がある。
これはもしや。
そう思って、駆除もそこそこに部屋に引き返してパソコンを起動。

やっぱり。
フタホシテントウだ。

アブラムシを捕食するテントウムシの仲間。

思いがけず、強く感動する。
こんなちっぽけなベランダなのに。
ここもちゃんと、自然の摂理みたいなものの内部にあるんだ、と思うと、奇妙な安堵に満たされる。

私自身は、自然の摂理を全肯定できるほど強い生きものではないのに(弱肉強食の世界に抛り出されたら早々に淘汰されてしまうだろうから)。

でもね、「なべて世はこともなし」。
食べるもののあるところに、生きものは集う。
アブラムシはミントに集い、テントウムシが訪れる。

ほんとに、ちっぽけなベランダなのに、ね。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.