la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
デイ・アフター・トゥモロウ
「言葉に出せない思いのために お前に渡そう風の笛/言葉に出せない思いの代りに ささやかに吹け風の笛」
(『風の笛』中島みゆき/アルバム『常夜灯』所収)


辛いこと、不安なこと、傷ついたこと、腹の立つこと、どうしようもないこと。
そういうものを誰にも言えずに抱え込んで、どうにもならなくなってしまうこと。

何であれ、それを口に出せないことは、現実の苦しさ以上の負荷になる。
掛け値なしの幸福でさえ、それを誰にも言えないときは苦痛を伴うものなのだ。
まして、辛いことを辛いと言えないとき、その息苦しさを思うとほとんど気が遠くなる。

世の中を巧妙に切り抜けることだけが、生きることじゃない。
それを、伝えたかった。

もっと早くに気づけたら。
もっと気軽に話せる空気を作っていたら。
もっと気軽に話せる時間を作っていたら。
きっと、今日という日は誰にとっても違った一日になっていただろう。

誰よりも、私が気づくべきだったのだ。
別に、いたずらに自分を責めているわけではない。でも「そのことの辛さ」を、私はとうに知っていたはずなのだ。
だから、不遜な物言いかもしれないけれど、気づくことができるとすればそれは私だったのに、と思うのだ。

ここひと月ほど自分のことばかり考えていたわけでは、決して、ない。
けれど目の前の忙しさに紛れて、誰に対しても「自己責任」を押しつけて突き放してしまう冷やかな環境を、半ば是認しかかっていたことは事実だ。
たかが私の力ではどうにもできない、そういう領域も確かにある。でも、もっと何か、できることがあったはずだ。

これまでに出会った無数の小説や漫画や歌の中で繰り返されてきた主題(ドミニク・メナール『小鳥はいつ歌を歌う』、吉野朔美『恋愛的瞬間』の最終話、そして引用した中島みゆき『風の笛』)。

私自身のことを言えば、楽器や歌よりはまだ言葉(話し言葉ではなく書き言葉、それもいくぶん冗長な)のほうが使い慣れているので、こんな形での表現になった。

自分の感情や意志を、外へ解き放つこと。
誰かに伝えること。
たとえ目の前にその相手がいなくても、或いは相手がいないからこそ。

言葉にできないのならば、言葉に代わる何かを。

最初は、意味を為さない悲鳴に似たものかもしれない。
けれど多分、それが救いの糸なのだ(実際、『風の笛』のラストで響くホイッスルの音は悲痛な叫びのように聴こえるけれど、言葉の代わりに得た手段で誰かに何かを伝えるための明白な意思表示として強靭に響きもする)。

言葉に代わるもの(そう、たとえばピアノ)を通して、「解き放つこと」。
どんな形であっても、他者から見れば無益なものであっても、その「手段」を持つことははっきりと「必要」なことだ。

たわごとに過ぎなくても、誰にも届かなくても、不器用でも、お金には換えられなくても。
「解き放つこと」は大切で必要で、たぶんそれだけで充分だ。

そのための手段がひとつでもあれば、大丈夫。
うまくいったこともいかなかったことも、ホイッスルの長いひと吹きに託して、あとは眠ってしまおう。

目が覚めればまた新しい一日。
そして、その一日があなたを怯ませるものではなく、希望につなげるものでありますように。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
風の笛
風の笛はこの日記かもしれませんね。
言いたい言葉はなかなかわからない、だったらいっそ発音できないカタチに換えて無責任なくらいいろんなところまで飛ばせばいい。
伝えるってむずかしい。
そんなに自分を責めることはないと思いま
す、わからないことだって必ずあるんだか
ら。
コメントズレてたらごめんなさい。
わかってもらえないことの方が多いと私は思う。
あまり自分を責めることはないと思います、あなたはできるだけのことを行った。
たまにはおもいっきりホイッスルを吹くのもありです。
2013/05/28(火) 03:24:45 | URL | morozof #-[ 編集]
Re: 風の笛
morozofさん、コメントありがとうございます!

> 風の笛はこの日記かもしれませんね。

初めて気づきましたが、まさにその通りです。
書くことの目的は、ただ書くことだけで99%満たされるんだと、作家の辻邦生さんが言っていたのを思い出しました。
その言葉と主旨は違うかもしれませんが、心の中に淀んでいるものを丁寧に言葉に置き換えていくと、自分がどうありたいのかということがはっきり解るし、目の前の出来事も自分の気持ちも、ずいぶん整理されるので。
どうでもいい駄文を人目に晒して後悔することも多いので「両刃の剣」かもしれませんが、これからも自分のために書き続けます(笑)

> コメントズレてたらごめんなさい。

ぜんぜんズレてません、というより、あまりにズレがなさすぎてびっくりしています。
でも、自分に過失があったと思うときは、きちんと自分を責めるべきだと思うんです。
「マイナスをプラスに転じる」のは、マイナスを正面から見据えた後の話なのじゃないか、と。
うーん、まだちょっと整理がついていませんが…。
2013/06/05(水) 00:48:42 | URL | サト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。