la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
リュウグウノツカイを食べました。(実話)
いや、以前も書いた通り、私は決してゲテモノ喰いではないんです。
ただ、未知の食材に対する好奇心を抑えきれないのと、「舌の経験値」という言葉に弱いだけで(まあ、結果的にゲテモノを食べてしまう確率はかなり高いと言えます)。

「竜宮の使いの塩焼き」。
カヤックで迷惑をかけたお詫びにと、両親を誘って実家の近所の(けっこうお気に入りの)お店に出掛けたのですが、そこで普通にメニューに載っていて。
しかも470円くらいだったので(あんがい安い)。
ちなみにうちの父は正真正銘のゲテモノ喰いで(アジア某国の山道で焚火で焼いたネズミを食べたことがあるらしい。よくこの歳まで生きているな、と思う)、このメニューに真っ先に食いついていました。
そして私は「リュウグウノツカイ」のことを、名前のせいもあって記憶の中で勝手に美化していたので(短めのタチウオみたいな感じで、頭から綺麗な虹色のヒレみたいなのがひらひら靡いてて、なかなかに優雅な魚、というちょっと間違ったイメージが頭にあった)。

出されたそれは文庫本よりひと回り小さいくらいの切り身で、見た目はタチウオそっくりの銀色。結構こんがり焼けていて、「あ、これはきっと味もタチウオだな」と思った。
それが、お箸の先でつつくと、妙にブヨブヨしている。
勇気を出して割ってみると、中には何だか正体不明のほぼ透明なゼラチン質が詰まっていた。
勇気を出して食べてみると、何だか正体不明のほぼ透明なゼラチン質の味がした。
強いて言えば、牛テールの骨の回りについてる、コラーゲン的なアレ。

メニューには何と「刺身」も載っていたけど、さすがにそこまでの勇気は出ませんでした。
そして、「お詫びにご馳走する」というコンセプトだったはずなのに、何故かご馳走してもらってしまいました(甘やかされるとつい甘えてしまうこの身が歯痒い)。

もし「リュウグウノツカイ食べてみたい!」という方がいらっしゃったら、まずはウィキペディアで外観や生態などを調べてみてください。きっと、「…、やっぱりいいや」と思うはず(ちなみに私は、うちに帰ってから調べて気分が悪くなりました)。
ちなみに『古今著聞集』には食べても命に別条はなかった(そして極めて美味であった)旨が記されているらしいのですが、当時は人魚伝説の元になった魚でもあって、人魚の肉を食べると不老不死になるという言い伝えもあったりするので、「不老不死になったらどうしよう」と無駄な不安に駆られたりもしています(笑)。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.