la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
真夜中の幸福論(酔いどれバージョン)
「こういう味のものが、丁度いま食べたかったんだ。」
(武田百合子『ことばの食卓』)


幸福で幸福で、不幸。
不幸で不幸で、幸福。

いま私は自己完結型の自虐趣味に酔っている。

どういう意味かって?
欲しい本がありすぎるのだ。
ただそれだけ。

自虐趣味というのは、欲しい本をリストアップして「欲しさ」を比較検討して候補を絞り込む作業のこと。

前にも書いたけれど、私は基本的に、読んだことのない本は買わない。
それでも、何かの待ち時間とか通りすがりとか買い物のついでとかで本屋さんに立ち寄り、つい衝動買いしてしまうことがままある。
買って読んでつまらなかった、という本が部屋に溜まると、まとめてブックオフに二束三文で売り払う。そして売り払いに行くと必ずカウンターの人に「本日はキレイな本をたくさんお持ち頂きましてありがとうございます」という決まり文句を(つっかえずに言えるよう何度も練習したみたいな口調で)言われるのだけど、これが何故だかちょっと快感。たぶん「キレイな本」の価値を、自分が買った値段に頓着せずあっさり30円とか50円に見替えてしまうこと、その本を自分の趣味的理由だけでバッサリ切り捨ててしまう不遜な行為が、あんまり認めたくはないけれど、どこかしら快感であるのだろう。

でも、やっぱりそんな無駄遣いはできるだけ避けたいわけで(だって私は「お金持ち」じゃないから)、私の欲しい本リストには「読んだことがあって、もう一度読みたいと思う本」、「自分の本棚に置いておきたいと思う本」だけが連なることになる。

既に面白いことが解っている本。
もちろん装丁も好きなことが解っている。
買うのをあきらめる理由が解らない。
むしろ、まだ買っていない理由が解らない。

私は服とか靴とかバッグとかアクセサリーとか、そういうものにはまったく興味がない(それにしても最近じゃどこに行くにも履き古したダンロップのスニーカーだから、もうちょっとちゃんとしなきゃな、と思いはする。でも、次に靴屋さんで買うのは「新しいダンロップのスニーカー」だろうと思いもする)。だから基本的にはお金のかからない人間で、そうでもなきゃ薄給の身でやっていけるわけがないのだけど、物欲の無い人間、というのでもない。ただ、その物欲が「本」と「ワイン」にしか向かないだけ(ワインにしてもセラーは持ってないので、やれ何年物だグランクリュだスーパータスカンだと目の色を変えることはなく、ひたすら「ロワール地方のシュナン・ブラン」とか「南仏のカリニャン」とかに入れ込んでいる。ちなみに、カヤックは物欲で買ったのではなく、目的のための手段としてやむを得ない出費と判断して買ったものだ)。
って、また脱線した(「酔いどれバージョン」の酔いどれ具合)。

とりあえず、いま欲しい本。
リチャード・パワーズ『舞踏会へ向かう三人の農夫』
ウィリアム・ギブスン『パターン・レコグニション』
ロジャー・ゼラズニィ『伝道の書に捧げる薔薇』
ウラジミール・ナボコフ『ディフェンス』
ビル・ビュフォード『厨房の奇人たち』
斉須政雄『十皿の料理』
スチュアート・リヴァンス『ウイスキー・ドリーム』
オリヴァー・サックス『妻を帽子と間違えた男』

…意外と少ない?
でも、これが大問題なのだ。
ほとんど単行本。
もう置くとこ無い。
でも欲しい。
散々削ってここまで減ったのに、ここからまだ何か除外しろって、そんな。

というか、大好きなパワーズの『Goldbug Variation』、大好きな若島正の訳で出るはずなんだけど、かれこれ十年近く「翻訳中」のような…。バッハのゴールドベルク変奏曲絡み、あんまり根拠のない噂ではグレン・グールド絡み?という、一刻も早く読みたい作品なのだけど。

…まあ、考えても仕方ないか。
酔いどれ具合が頂点に達したので、そろそろ寝ます。
これまた「酔いどれバージョン」の酔いどれ具合。
何ともお気楽。
つまり、幸福で幸福で不幸。
不幸で不幸で幸福。
…落ち込んだりもしたけれど、私は元気です。

追記、最近『魔女の宅急便』を再観しました。面白かった。

再追記。引用したのは『富士日記』の武田百合子。『富士日記』はほとんど、その日に起こったことと食べたものとの記録(文字通り「日記」)なのだけど、でも、「有名作家の妻が書いた日記」というのではなく書かれた文章そのものの魅力が、私をすっかり虜にした。
川上弘美とか高山なおみの書くものには、この人(武田百合子)の影響があるのかな、と思う。
ものすごく率直に、感じたままを言葉に移す人。
カッコ良くて、たまらないほど可愛らしい。
って何だか、ほとんど恋愛感情みたい。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.