la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
籠の中の(重すぎる)小鳥
アリュート380T

マイカヤック初披露(@実家)です。
ちょっと皮がしわしわです(そして後ろ側はちゃんと閉まってません)。

私が住んでいる部屋は狭いので、このアリュート380Tは琵琶湖にほど近い実家に、買って以来ずっとパッキングされたまま鎮座してました(もちろん立地条件をいいことに実家をカヤックの拠点にする気でいる親不孝者です)。

昨日ようやく、「果たして一人で組み立てられるのか?」という問題を検証しに(ふつう買ってから検証するようなことじゃない)、無人の実家(両親はただいま放浪中)へ行ってきました。

結構な重労働の末、骨はそれなりに組み上がったんですが、骨組みを皮の中へ突っ込んで全体をピンと張らせる(「テンションをかける」)際、テコの原理でそんなに力はいらないはずの所で、そのテコが動きませんでした。無理に体重をかけるのも怖くて、かと言ってバラしてやり直すだけのガッツもなく、そこでいったん諦めて解体、再度パッキングしました。
多分KパイプとGパイプをつなぐ時にヘマをしてGパイプが伸びてしまった(それで骨組みの全長がちょっと長くなって、皮に収まり切らなくなった)んだろうなと、説明書の注意書きを見ながら反省。

でも、意外と「やればできるじゃん!」という感じでした。
もっと天井の照明をぶち割ったり和室の襖を突き破ったりという大惨事を予想していたので(おいおい)、だからこそ両親の留守にやったんですが(ああ、パパママごめんなさい)。でも実家も無傷、自分も無傷(手のひらの肉をパイプの繋ぎ目にちょっと挟んじゃったのと、今日やっぱりちょっと筋肉痛、という程度)だったので、非力でドジな私としてはかなり上首尾だったのではと。

所要時間は、組み立て開始から断念まで(途中トラブル込みで)30分くらい。これなら完成まで1時間かかるってことはなさそうです。
しかも、組み立ては、大変なんだけど楽しかったし。
折りたたまれたアルミのパイプが、だんだんフネの形になっていくのが。
そして、これが私のフネで、私が自分の手で組み上げてゆけるんだということが。
とっても嬉しかったんです。

毎年わけのわからない旅愁に苦しめられる10月なのだけど、あの胸をふさぐ金木犀の切ない香りも、今年はカヤックのおかげで甘やかな期待に変わったみたい。

来月、進水式をする予定です。
もうずいぶん寒くなったし、お天気次第では来年(春以降)になるかもという、気長な話ですが。
とりあえず、皮は背負って、骨その他の装備はカートで引っぱる、という「分離式運搬法」(私の考案)でいこう。もちろん当面は同行者を募って、ですが。
カヤック部は(無理やり?)二名になったので、新入部員Uさん、進水式よろしくお願いしますね~。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.