la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「大津百町まちなかバル」雑記
大津百町まちなかバル。
5枚綴りのチケットを握りしめてJR大津駅~京阪浜大津駅エリアの参加店舗を回るという、食べ歩き/飲み歩きイベント(600円相当のチケット1枚で一品&ワンドリンク)。

当日は仕事帰りだったので、めいっぱい急いで7時すぎに現地着。世間的には連休始めの土曜日だったので混雑を覚悟で乗り込んだのだけど、駅前は予想外に閑散としている。特に風情があるわけでもない通りを「飲まず友達」のCやんと二人ぷらぷら歩いて、一軒めの目的地『魚忠』へ。上品な懐石料理のお店で期待度は高かったのに、店先にバルメニュー(限定40食)完売の案内が出ていてがっくり。そこから二軒回ったけどどこもいっぱいで入れず、浜大津駅近くの『KAWAIYA』へ行くと運良くちょうど席が空いたタイミングに潜り込めて、趣味の良い店内の小さなテーブル席につくことができた。出してもらったのはサーモンのパテと牡蠣フライ。真っ白い大きな丸いプレートの片側にサーモンのパテ、反対側にトマトソースを敷いてその上にまんまるなコロッケ(見た目はコロッケなのだけど食べてみると中味は牡蠣、という可愛らしいフライ)がぽんと乗せられていて、パテとそのコロッケを仕切るようにしてバルサミコのソースが大胆にお皿を横断している。これはかなり嬉しい一皿だった(おまけにドリンクもけっこう美味しい白ワインだった。惜しむらくはグラスが色つきの手作り風ので、私としては無色透明のグラスで出して欲しかった)。

そこから『大津グリル』へ行くとそこもバルメニューは完売で、お店の人とちょっと喋って、それからさっき満席で入れなかった二軒に戻って(『くし屋敷』ではバルメニューのお刺身は完売していたのに串揚げを用意してくれて、そんなに「スペシャルなお店」という印象ではなかったのだけど有難かった。ここで出している純米酒「松の司」がすごく美味しいらしいという噂を聞いていて、日本酒の苦手な私をして「それだけは飲んでみたい」と思わせていたのだ)。松の司は、透明感のあるクリーンなお酒を想像していたのだけど全然違って、とろりとした舌触り、濃厚だけれどどこか捉えどころがなく口の中にふわりと不思議なあたたかさをもたらす、何とも印象的なお酒だった。これはお刺身じゃ負けてしまうかもしれない、あん肝くらいじゃないと太刀打ちできないかもしれない、と思いつつも堪能した。

最後は期待していた「びわ鱒の刺身/モロコの天ぷら/鮒ずし」の『喜烙亭』へ。美味しそうなお店だからここでしっかりご飯を食べよう、という予定だった。ところが、びわ鱒の刺身は私には脂ののったサーモンと区別がつかず、モロコの天ぷらはわかさぎと区別がつかず、お店の雰囲気もあんまり好きな感じではなくて、鶏のから揚げとピザという、ありきたりの安い居酒屋さん的なものを頼んで食べて(ありきたりの安い居酒屋さん的な味だった。しかも鮒ずしは完売で食べられなかった)、そのくせ閉店ぎりぎりまで居座ってお喋りして、解散。

総括としては、楽しかったし、面白い企画だったと思う。
いちばんの収穫はやっぱり『KAWAIYA』さん。バルメニューだけで帰ってしまうのが惜しいような、「ちゃんと本気でフレンチを作っていて、しかもそれを気軽に楽しんでもらおうとしている」というお店の心意気みたいなものを感じた(ワインを色つきグラスで出すのだけは勘弁してほしいけど)。プライベートでまた来たい、と思ったのは、唯一、このお店だけかな。

ともあれ、久々に友達とゆっくり喋れたし、良かった。
そんな夜でした。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。