la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
アインシュタインと、手の中の消えたコイン
「『人生が何か知ってるか? 癪に触ることが次から次へ起きる、それが人生さ。いや、待った、それは愛だ。…』」
(グレン・デイヴィッド・ゴールド『奇術師カーターの華麗なるフィナーレ』より、端役ジュリアスが娼館で言った台詞)

『奇術師カーターの華麗なるフィナーレ』。
タイトルも派手なら表紙も派手(闇に燃えさかる炎を背景にした奇術師の横顔。尻尾のある赤い悪魔がちょろちょろしているのに混じって小鳥やフクロウやコウモリまでが飛んでいる)。
『戦争と平和』読了直後だったので(堪能しました!すごくすごく面白かった)、いっそあざといくらいのB級娯楽小説が読みたかった。おまけに奇術は子供の頃から大好きだ(プリンセス天功とかこの小説にも出て来るフーディーニみたいな派手なイリュージョンよりは、クローズアップ・マジックと呼ばれるコインやカードを使った“手のマジック”が好きなのだけど)。
なので、ものは試しにと、図書館で上巻だけ借りて帰って来た。
(ちなみに引用した台詞、「しゃくにさわる」は癪に「障る」だと思うのだけど訳文のまま「触る」で引用しておきます)

それが、何だかものすごく面白い。
1923年、奇術師カーターのショウが行われたその晩に、アメリカ大統領が急死する。大統領は「口外無用」として世間に内容を伏せられているショウの第三部でゲストとして舞台に上がり、陰惨な恐怖劇の主役を演じた直後だった…。
物語はそこから始まり、ショウの当日に大統領の警護にあたっていたシークレット・サービスの(うだつの上がらない)中年男が、(若く有能な)上官と共にカーターの取り調べに乗り出す様子が描かれる。

あざといB級娯楽小説としては上々の出だしだ。
けれど、そんな序章に続く「第一章」で、物語は奇術師カーターの少年時代へ一気に巻き戻される。鳥籠を覆ったスカーフがぱっと取り去られ、中にいたはずのオウムがきれいに消え失せているのを見る感じ。

読み手は書き手とともに、ここから少年チャールズ・カーターの日々を追い始める。
ああ、これは、B級娯楽小説なんかじゃない。
A級、というよりミルハウザー級(というのは私が使う限りかなりの大賛辞)だ。
上巻しか借りて来なかったことを早くも悔やみながら、私は彼の人生の途中でたたらを踏んで立ち止まる。

続きが読みたい。
今すぐ読みたい。

でも明日は台風だし、それに、一緒に借りて来た他の四冊も読まなきゃならないし(レイナルド・アレナスの『夜明け前のセレスティーノ』も半分くらい読んでいて、アゴタ・クリストフと似た感じで重たいのだけどなかなか面白い。他に借りたのはエドワード・P・ジョーンズ『地図になかった世界』、写真家マン・レイの評伝、それから90年代のアウトドア・ブームの最中に出版されたMOOK『カヌー入門~正しいカヌーイストになるための本~』。うーん、あまりにも散漫だ)。

もとい、チェス小説がそろそろ頭打ち(小川洋子の『象に乗って猫と泳ぐ』も読んだ。悪くはなかったけどチェスというものを少々、幻想的に描き過ぎているかもしれない)で、私は奇術小説に移行しようかと思案中。

※数日後の述懐。象に乗っては泳がないよね。象を抱いても泳がないよね。猫に乗っても泳がないし。というわけで、正解は『猫を抱いて象と泳ぐ』でした。スミマセン。


この『奇術師カーターの華麗なるフィナーレ』(まだ途中だけど)、単品としてはミルハウザーの短編『幻影師、アイゼンハイム』を抑えて暫定一位(!)。何の一位かって、「極私的奇術小説ランキング」の。
まあ、ミルハウザーについて言えば彼自身が天才奇術師のようなものなので、彼の手にかかると主人公は小説家でも画家でも技師でも、果ては実業家でさえ、これすべて奇術師になってしまう。なので、ミルハウザーの描いた奇術師たちが束になってかかれば、首位奪回は間違いないのだけど。
追記。点数つきの「どくしょきろく」をつけるようになってから、ここしばらく、何だかこのやりかたでは一冊ずつの本とじっくり向き合うのが難しいな、と感じていた。
なので、読んだ本を記録するのはもっと事務的に、備忘録としてやるに留めて、時間をかけてちゃんと書きたいと思った本だけを記事にする、元々のやりかたに戻ろうと思う。
で、前々からそう思っていたのをやっと実行に移すきっかけが、この本だったというわけ。

ちなみにタイトルにアインシュタインが登場するのは、この本の扉で彼の名言が引用されていたから。
私自身は舌を出したアインシュタインの写真をアンディ・ウォーホルが変装しているのだと思い込んでいて、さらに森村泰昌がその真似をしていたりするともう何が何だか解らなくなるのだけど、ともかく、引用されていたのは私がいつかアインシュタインに関する本を読むことがあったら引用したいと思っていた有名なくだりだった。それでちょっと感動した。

ふう。


さらなる追記。
チェス小説の極私的ランキング。
① シュテファン・ツヴァイク『チェスの話』
② ロジャー・ゼラズニィ『ユニコーン・ヴァリエーション』
③ ウラジーミル・ナボコフ『ディフェンス』
意外にもゼラズニィがナボコフを抑えて二位(これは多分ものすごく趣味的な選択)。

それでは、この辺で。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。