la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
グラン・エシェゾーを飲んだ話。
「ワインの本質に届く言葉は、この世に存在しません。」
(ラルー・ビーズ・ルロワ)


窓からの明るい午後の陽射し。テーブルには白いリネンのクロス(高得点!)と、かなり高さのある生花のアレンジメント(こちらは減点対象)。
私が入っていった時には、N氏とH女史はもう席に着いていた。敵意を込めて黙ったまま、会釈もしないで私は二人の向かい側に座る。アレンジメントのおかげで女史の顔は半分も見えない。もうひとつ隣に置いてくれれば、N氏の顔も見ずに済むのだけれど。

さて、そのテーブルの上に、1本のワインが置かれていた。
抜栓済みだが、デキャンタージュはされていない。
ラベルに「Grands Echezeaux」の文字を読み取って、私は片眉を上げて見せた。DRCのボトルではないが(流麗な筆記体、文字だけのシンプルなラベル)、それでもグラン・エシェゾーには違いない。

しかし、目の前にいる二人は私の仇敵だ。どうやら何か含むところがあって、私を高級ワインで懐柔しようというのらしい。
N氏の合図で、ソムリエが恭しくそれを私のグラスに注ぐ。
アカシアの花と熟した果実、アプリコットや洋梨の豊かな香り。口に含むと、とてもふくよかで甘みを感じるほど柔らかい。余韻もきれいで馬鹿みたいに長かったけれど、微かに、何かが変だ、と私は思った。

ブショネ?
ブショネなのか?

テーブルの上にはコルクが無造作に転がっていた。下側に白い黴のようなものが見えたけれど、そんなにあからさまに駄目になってしまった味ではない。
いったい何がおかしいのだろう?

私はもう一口飲んでから、首を横に振って席を立った。
こんなもので私を釣ろうとしたって無駄だ。

外に出て歩き出してから、未練がましく私は思った。ソムリエに訊いてみれば良かった、と。せっかくのグラン・エシェゾー、健全ですと言われたら全部飲んでやったのに。

そこで、ぽっかり目が覚めた。
恒例の夢オチ。
もそもそと起き出しながら、「それにしてもあの違和感は何だったんだろう?」と、夢の中の味覚を反芻してみて、はたと気づいた。

…白ワインだったんじゃん!

そう、紛れもなく、私が夢の中で飲んだのは白ワインだったのだ。
うーん、馬鹿な夢を見た(でもちょっと楽しかった)。

↓追記、解説↓

ワイン入門? 「グラン・エシェゾーを飲んだ話」解説。

○グラン・エシェゾー:フランスの銘醸地ブルゴーニュ地方にある、特級畑「グラン・エシェゾー」から生まれる赤ワイン(なので、当然「グラン・エシェゾーの白」なんて代物は存在しません)。ブルゴーニュ地方では、ワイン名=畑名であり、ワインの格付け=畑の格付けです。畑は複数の生産者によっていわば「分割統治」されていて、同じ名前のワインでも造り手は様々、というのが普通です。ボルドーだと造り手名=ワイン名というのが多いので、たとえば「シャトー・ラトゥール」と言えば世の中には1種類しかないのですが、ブルゴーニュだと「グラン・エシェゾー」と言っても何種類もあって特定できないので、必ず「DRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)のグラン・エシェゾー」とか「ジョゼフ・ドルーアンのグラン・エシェゾー」とか、造り手の名前を言う必要があります(ごく一部、「モノポール(単一所有畑)」と言って、その畑はぜんぶこの生産者のものだよ、という畑があります。たとえばDRC単独所有のロマネ・コンティ。実は「ロマネ・コンティ」というのは畑の名前なのですが、「誰それのロマネ・コンテイ」なんて言い方は聞いたことがないと思います。それは「ロマネ・コンティ」と言えば所有者はDRCしかいないから、なのです。

○「DRCのボトルではないが」:ワイン愛好家なら、DRCのボトルは何も見ないでも模写できる(はず)。ちなみにDRCの「グラン・エシェゾー」は他の生産者のそれとは別格で、ヴィンテージにもよりますが大体、1本15万円くらいします。

○流麗な筆記体:あのラベルからして、夢の舞台が日本だとすると、おそらく造り手はルイ・ラトゥールかと思われます(1本2万円前後)。

○「アカシアの花と…アプリコットや洋梨」:普通、こういう香りは白ワインにしか出ません。それ以前に私の夢は基本的に総天然色なので(もちろん記憶の中で脳が補完した情報かもしれないけど)、そのワインの外観がはっきり白ワインだったことも覚えています。気づけよ、夢の中の自分。

○ブショネ:劣化の一種です。コルクから雑菌が入ってワインが汚染されてしまった状態。友人はブショネの特徴を「梅雨時期の木造家屋の窓枠の匂い」だと言っていますが、これはかなり寛容な表現。私には、どうしても「雑巾臭」としか思えません。


さらなる追記。
自分がどういう精神状態で何が気がかりだからこういう夢を見るのだ、というのは、大抵の場合、自分で想像できる。アレンジメントが何の象徴でワインボトルが何の象徴だ、とかいう話ではなく(私はフロイトが大嫌いだ)、より漠然としたシチュエーションをとらえての解釈。今回のはたぶん、単純な対人恐怖と会食恐怖に加えて、期待を裏切られることや「番狂わせ」に対する不安と諦念が入り混じって表れているのだと思う。
ちなみにN氏とH女史は、もちろん別に仇敵でも何でもないのだけど、子どもの頃に入っていた児童合唱団の先生でした。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.