la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
チェロ・アンサンブルの愉しみ@アルティ
チェロ5台。
チェロだけチェロだらけ。
男性奏者(日本人)5人。

昨日、アルティ(京都府民ホール)に聴きに行ったコンサート。
地味と言えば地味な編成で、チェロばかり同時に5台も鳴ると曲によっては「もやもや」した感じに聴こえる難点もあり、何故か曲の合間に長いMC(!)が入ったり奏者の皆さんがこまめに入退場されたりでなかなか音楽に没頭できないという難点もあり、何より席が二階の下手側ギリギリのところで、座るとバルコニーの手すりがちょうど目の高さにきて舞台が極めて見づらいという難点もあり(アルティ、綺麗だし京都らしい雰囲気もあって良いのだけど、あの二階席の手すりだけは何とかならないものだろうか)。

でも、終わってから振り返ると、良かったなと。
けっこう手頃な価格のチケットだったのに、チェロの音色が意外なくらい美しかったのだ。

プログラムはバッハのソナタ、カザルスのオリジナル、ウィルヘルム・フィツェンハーゲン(誰?)、シューマンのカノン風小品集、という些か玄人向けの内容で、アクセントにピアソラの『タンティ・アンニ・プリマ』(これがまた良かった)。

最初のバッハが始まった瞬間、あ、いいチェロだ、と思った。
あまり国内の演奏者には詳しくないので、咄嗟に「楽器の高級さ」に目が(というか耳が)行ってしまったのはかなり失礼だったかもしれない(後からプログラムを見て、わぁすごいメンバーだったんだ、と悟った次第)。
それで、ああ来て良かった、風邪引かなくてよかった、と思いながら聴いていたのだけど。
バッハが終わって、楽しみにしていたカザルスだ、と思って身を乗り出したら、皆さんいったん退場されて。演奏者のひとり、河野さんが空手で戻って来られて、ご挨拶と、おもむろに曲の解説を始められて。

まあ「親しみの持てる感じ」とか「クラシック初心者にも親切なわかりやすい解説」とかも、それなりに意義のある良いものだと思う。数年前にびわ湖ホールの「弦楽四重奏講座」的なコンサートに行ったことがあって、それぞれの曲をパートごとに分解して聴かせてくれたり、「ここでこの技法を用いなかったら、この曲がどんな響きに変わるか」というのを実演してみせてくれたりと、とても面白い体験をしたことがある。でも昨日は、私は飽くまで「チェロ・アンサンブル」を「愉しむ」ために足を運んだのだ。ただひたすら、チェロの音色が聴きたかったのだ。

だから、解説が長くて、せっかくの音楽の余韻が散り散りになってしまうのが惜しくて、かなり苛々してしまった(最初からそういうコンサートだと解っていれば楽しめるトークだっただろうに。まあそこら辺は、事前のリサーチが足りなかった、ということで。終盤、もしかしてびわ湖ホールでお話されてたのと同じ方なのでは…という疑念が沸き上がって来たけど、今のところ確認はしてない)。

でも、チェロってほんとに良い音がする。
ヴァイオリンはもっと独善的(と言ってしまうと身も蓋もないけど)で派手な感じ。激しい歓喜とか激しい悲哀とか、どこか「過剰なもの」を含んで響く。それも時にどうしようもなく聴きたくなる音色ではあるのだけど、普段の私は、チェロの音色のほうが好きだ。
チェロは、深い思索から紡ぎ出される緩やかな感情を秘めて響く。ヴァイオリンの緊張とは対照的な、穏やかであたたかい音色。歓喜というより慈愛。悲哀というより哀愁。

私が苛々してしまったトークの一部によると、演奏者の方々のチェロはほとんどが1800年代に制作されたイタリアの楽器だそうだ。プログラム終盤の下手側の二台の音色が、ことに印象的だった(いちばん端はたぶん京響の主席ソリストの方で、含みのある豊かな低音がとても美しかった。その隣はたぶんいちばん若い方で、メロウなテノールを思わせる響きに「チェロってこんな音も出せるんだ」と感動した)。

だからね、アンケートには散々なこと書いちゃった(「話が長すぎる」)けど、振り返ってみれば行って良かったし、いい音を聴けたし、いい時間を過ごせた。
ほんとに、「行って良かった」と思うんだ。それから、「また行きたい」とも。

魂の洗濯って、「心が洗われる」と同じ陳腐な言葉だけど、やっぱり音楽には何かしらの浄化作用があって、今日の私はずいぶん晴れ晴れとした気持ちだった。

追記、終わってから、京都駅スバコの「オステリア・サクラ」で簡単なディナー。サービスは高得点、パンも美味しい(でも「バルサミコと蜂蜜を練り込んだ」という薄甘いバターで減点。何でわざわざ余計なものを練り込むかな?)、グラスワインは秀逸、お料理(単品でラタトゥイユと、ちりめん山椒と伏見とうがらしのパスタ)は、まあ美味しいんだけど私にはちょっと塩味が強すぎた。と、食べログみたいなことを書いてみる。
それにしても、ワインはレベル高かったなぁ。駅直結でちゃんとしたワインをグラスで出してくれるお店って、なかなか無いし。グラスワインがこれくらいちゃんとしてるお店なら、また今度コースを頼んでゆっくりしたい気持ちもあるのだけど、そこは「駅直結イタリアン」の悲しさ。テーブルは狭いし座席の間隔も極めて狭いので、落ち着いてゆっくりワインを楽しむ、というのなら別のとこへ行ったほうが無難かも、となってしまう。
と、まだ食べログみたいなことを書いて、おしまい。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。