la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
放浪ヒツジはどこまでも
「気付くと寝台に居て、部屋には蒸留所特有のかすかな湿り気を帯びた木樽の香りがしっとりと漂っていた。」
(クラフト・エヴィング商會『クラウド・コレクター』)


ずいぶん長い旅をした。

カトマンドゥであるはずのないカトマンドゥや、シギショアラであるはずのないシギショアラ。
季節は晩夏だったり晩秋だったりして、残酷なほど荒涼としてはいないけれども、いっときの美しさの中に致命的な瑕疵として悲しみを内包している、そんな風景の中を私は歩いた。

Kと歩いたのは深い藍色をした運河のほとり。何故か風景はガラス越しで、Kと私は「いつか来るならここにしよう」と約束している。CとTと三人で駆け下りたのは煉瓦造りのメトロの階段。すぐ脇を列車が走り抜けて、Cは小さく悲鳴を上げた。

ニューヨークであるはずのないニューヨークで、地上のプラットホームの上に立っている。線路と線路の間にある砂州に似た中央分離帯のところに、自由の女神の巨大な頭部が、顎と右頬とを半ば地面に埋めて転がっていた。その向こうには取り壊された小屋の名残だろうか、古びたコンクリートの壁があり、その周囲でアーミッシュの人々を思わせるモノトーンの服を着た人々が、思い思いに立ったり座ったりして何かを話している。身振りを交えながら笑いあっている恋人たち、寝そべって微笑しているヒッピー崩れの老人。

「ああいう人たちも、ふだんは普通の技術者だったり学校の先生だったりするんだよ」と、後ろから誰かがそう教えてくれる。一瞬、Jかと思って振り向いてみたけれど、そこにはもう、誰もいない。

気がつくと、私はそのプラットホームに一人で立っていた。
ここからどこへでも行けるんだと思った。
どこへでも気の向くまま、好きなところへ。

けれど、私はそこから動けなかった。
どこへでも行けるということとどこへも行けないということが、まったく同じことを意味しているのだと気づいたからだ。

しばらくそこに立ち尽くしていてから我に返ると、自分の部屋のベッドの中にいた。

寝ていた。

眠れないのは解っていたから、ベッドに潜り込んでただじっとしていたのだ。
それがいつの間にか、浅い眠りに引き込まれてしまっていたらしい。

かくて夜中の三時に目を覚ました私は、藍色の川と自由の女神のトゲトゲの冠のイメージに茫然としながら、取り逃がした眠りを慌てて追いかける。

どんな夢オチだよ、と思いながら。

追記、これは『クラウド・コレクター』の書評ではなく、単に私が昨夜みた夢のお話。『クラウド・コレクター』を読んだのはもう二年近く前のことで、いかにも私の好きそうな本なのに何となく上滑りな印象のまま放置していた。本文を書いてから、何か引用できるネタはなかったっけ、と思って本棚を眺めていて目に入った一冊。たぶん、読み返してもどこか空虚な印象に変わりはないだろう。でも、引用としてはタイムリーかなと。

ところで、来年の座右の銘がまだ決まってません。
ぜんぜん義務でも何でもないのに、妙な焦りを覚えています。
こうなったらもうプルーストを読むしかないんだろうか、と思ったりもします。けど、プルーストを読むのは人生最後の楽しみに取ってあるので(読んじゃったら何となく、人生を終わらせたくなるような気がしています)。

だから、来年の座右の銘は無いかも。
そんな五里霧中の日々も、きっと楽しいだろう。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。