la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
タイタニック号のセオリー
「あるがままのことを言うこと、しかもそれを大声で言うこと。」
(『奇岩城』モーリス・ルブラン)

言葉と出典の間に些か違和感のあるこの引用。まあ、それについて語るのは後日に譲るとして、島田雅彦の『楽しいナショナリズム』にこんな小咄が載っていた。

今まさに沈まんとしているタイタニック号に男を引き止めておくには? …男がイギリス人なら「ジェントルマンなら残れ」と言えば良い。アメリカ人なら「ヒーローになれるぞ」、日本人なら「まだみんな残っている」。

何々人なら、という十把ヒトカラゲには一抹の抵抗を感じるのだけど、国民性というのはやはり厳然とそこにあって、「客観視し、分析し、認識し、自覚し、正しく笑う」べきものだと私は思う。

だから、以前このブログで書いた「無人島のセオリー」共々、こういう国民性を揶揄し自嘲する小咄を私は深く愛する。

同じ『楽しいナショナリズム』によるとエベレストの登山隊にもお国柄は顕著に現れていて、フランスの登山隊はワインやチーズを山頂まで持って行きたがるのだとか。それに比して、アメリカの登山隊が持って行くのは宇宙食かレーション(軍用食糧)みたいなフリーズドライ系のものらしい。

ここでフランス人を笑うかアメリカ人を笑うかは、各々の自由だ。もちろん私はアメリカ人を笑う、というよりはフランス人に敬服するけれど(余談だけれどアメリカ軍のレーションにはあのカラフルなチョコレート、M&M'sの小袋が付いているらしい)。

この話を実家の母親にすると、「戦争も同じこと」という返事。フランスの軍隊には兵士たちに食事を提供する煮炊き専門の部隊があり、移動式のかまどでパンまで焼いていたのだとか。

竹槍で戦闘機を落とせとか、木枠に紙を貼った飛行機で空母に突っ込めとかいう軍隊が戦争に負けるのは当然のことだ、と思ってしまう。まぁ、ひっそりしたローカルなブログでしか書けないことだけれど。


ともあれ最近の私が救いを見出しているのは、「常に幸福を犠牲にする者は負けるのだ」という感触。自己の幸福であれ他者の幸福であれ、幸福こそが望ましいものであり、不幸は嘆くべきものなのだ、ということ(こんな当たり前のことをいちいち再確認しなければならない状況に、今の私は、今の日本は、今の世界はある)。

自ら不幸を選ぶ人もいなくはないし、その選択も尊重すべきかとは思うけれど、それはあくまでも特例だ。

幸福を求めることは罪ではない。
我儘でも自己本位でもない。

何故なら、他人の幸福なしに自己の全き幸福などあり得ないからだ。

だから、私はあるがままのことを言う。しかもそれを大声で言う。
真実ではなく、事実を語ること。
それが、私の幸福の第一条件なのだ。

追記、きょう実家に帰って兄とチェス対局したところ、圧倒的不利で負けそうなところを何とかスティールメイト(引き分け)に逃げた。

でもこれは将棋なら負けになる状況で、チェスのルールでだけ引き分けになる。そして兄はチェスよりは将棋に詳しい。

うーん、幾つになってもやはり「お兄ちゃん」には勝てないのか…?
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。