la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
奇人変人は歌いながら歩く
「だから、すべての奇人変人に申しあげたい…独立独歩で行け。」(フリッツ・ライバー『歴戦の勇士』/ホラーSFアンソロジー『影が行く』所収)

何でまたホラーSFのアンソロジーなぞ。と自分でも思います。
でもゼラズニィが書いてたんで。

昨今じゃゼラズニィを読みたいと思っても、京都のジュンク堂を二軒はしごしても長編『光の王』と『地獄のハイウェイ』しか見つからないんです。ブックオフでも黄ばんだ『光の王』しかなくて落胆してた時に、古本の神様の小さな目配せがこの『影が行く』を手に取らせたんです。

あんまり今の私の精神状態にとって良い本ではなかったし、まだ読んでない作品もあるのだけど。

中村融の編だけあってさすがに秀作揃いだし、ゼラズニィはやっぱり、かっこよかった。引用したフリッツ・ライバーも、なかなか面白かった。

それにしても、フリッツ・ライバーって覚えのある名前だなと思ったら、ゼラズニィとスティーブン・ミルハウザー(最近私を魅了した作家。柴田元幸の訳で出てる)を求めてジュンク堂をはしごした時に買った『モーフィー時計の午前零時』のタイトル作品の著者だった(前に読んでこのブログで書いた時は図書館からの借りものだった。しかしチェス小説とSFとにこれほど同じ作家が名を連ねているとは…)。

ともあれ。
奇人変人についてライバーの作品からもう少し引用すると、「彼らはこの画一化された時代にあって個性を生かしつづけている者たちだ。マスコミや世論調査や大衆的人間の侵入をはばんでいる者たちだ。頭のいかれた連中や奇人変人に関してほんとうに憂うべきはひとつだけ、(中略)血も涙もないやつらが、金のために彼らを食いものにすることだ。」この文章に、引用部分が続く。「独立独歩で行け。つまらないものをつかまされたり、値打ちものを奪われたりするな。賢く勇敢になれ…」。

何だか、かなり勇気づけられてしまった。
自分が「奇人変人」だと認めるにやぶさかでなくなってしまった。
そうなのだ。
茨の道ではあっても、他の道よりは性に合うのかもしれない。

そんなことを、「ホラーSFアンソロジー」を読んで感じてます。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
ご無沙汰してます。
「影が行く」、持ってますよー。ゼラズニィの他作品は読んだ事ないですが、吸血機伝説は確かに良作ですねぇ。

確固たる信念を持ち迎合するをよしとせず、我が道を行く。
そんな奇人変人に私はなりたい。
そう思える引用です。

2011/06/24(金) 00:08:46 | URL | pac #-[ 編集]
こちらこそ、すっかりご無沙汰してしまってすみません…。

『影が行く』、部屋に置いとくの怖くないですか? 見えるとこに置いてあると気になるし、見えない場所にしまうともっと気になるという(笑)
『五つの月が昇るとき』とかはいいんですが、怪物系は苦手で…。

ちなみに、SF界ではゼラズニィやライバー以外にも、スタージョン、G.R.R.マーティンらがチェス好きで知られてるそうです。最近エラリィ・クイーンの『盤面の敵』(100%チェス小説かと思ってたのですが、犯人と探偵との関係をチェス盤を挟んだ対局者になぞらえた純ミステリーでした)を読んだのですが、これがクイーン名義のスタージョン作品なのだとか。

チェスとSF。共通点といえば…奇人変人率の高さでしょうか。私が引き寄せられる道理です…。

そんなわけで、これからチェス小説を収集することにしました(笑)
2011/07/26(火) 22:45:34 | URL | サト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。