la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
反フロイト式精神分析について
「もしも無念の死者たちに生者を呪ったり、生者にかれらのメッセージを伝える能力が存在するならば、ぼくらはこの地上のどんな片隅においても、もはや正気で日常生活を送ることなどできないだろう」

(『アドルノ 非同一性の哲学』細見和之)

さて、『アンチ・オイディプス』の話を、何故かアドルノ入門書の引用から始める。

というのも、私はこの「霊」というやつに近ごろ悩まされているのだ。まぁ、自分の部屋に霊が出て困っているとかいうわけでは全然ないのだけど。

で、ひとまずそれは置いておくとして。

『アンチ・オイディプス』だ。
哲学者ジル・ドゥルーズと精神科医フェリックス・ガタリの共著。タイトルと「資本主義と分裂症」という副題が示す通り、これまで分裂症(統合失調症)をオイディプス(エディプス)の文脈でしか扱って来なかったフロイト派の精神分析を糾弾する、かなり激しい論文だ。

フロイト嫌いの私にとっては、長年の憧れの書物だった。なりがでかいので手に取れずにいたのだけど、何と2006年に文庫版が出ていたのだ(近所の本屋さんで偶然見つけて即買いした。河出文庫、上下巻)。

器官なき身体、欲望機械、接続・離接・連接…。
頻出する用語をイメージするだけで一苦労。なので、かれこれもう二ヶ月も取り組んでいるのにやっと上巻の半分を過ぎたところ。

そんなある日。
職場の人が、乖離性同一性障害(俗に言う多重人格)を「他人の霊が乗りうつっているのだと思う」と真顔で言うのを聞いた。

霊。
霊って。

こういう説に出会った時、いったいどういうリアクションが一般的なのだろう? もしかするとさほど驚くような話ではなくて、「私もそう思う!」という人が意外に多かったりするのだろうか?

私の考えでは、「自分の中の天使と悪魔が議論する」という凡庸な空想の「凄いバージョン」が多重人格、ということになる。

少なくとも本当に霊が乗り移るのなら、石器の作れる石器人とかフランス語ペラペラのフランス人とか「趣味は?」と訊いたら「棚卸」と答えるコンビニの店長とか、そういう人格だって顕れて良いはずだ。
何も自殺願望のある女子高生とかニューハーフとかの「型」のはっきりした人格ばかりでなくても。

まぁ、職場でのことなのでガチンコの議論をするわけにも行かず、何も反論しなかったのだけど。

分裂症を資本主義の病だとするドゥルーズ=ガタリのテキストに取り組みつつ、私は「霊が乗り移っている」という見方が意外に興味深いものだと気づいた。

つまり、「疎外された欲望の行方」ということ。ある人にとって「他人の霊」と捉えられるのが、欲望を転嫁された「私ではない誰か」なのだということ。
少し哲学の用語からは離れるけれど、私なりの理解はこういうことだ。

人がある欲望を自己のものとして認めない(例えば心の奥底で芽生えた自殺願望が我ながら信じられないと思う)場合、その欲望を疎外するためにはそれを転嫁する別の人格が不可欠になる(時には像そのものが欲望されたものであるかもしれない)。その人格は自己とは無関係に自発的に欲望を持つ「他者」でなければならない(そうでないと結局、欲望が自己に帰結してしまい、疎外は失敗する)。従って「もうひとつの人格」は緻密にならざるを得ないし、この緻密な人格は「主体である自己が想像した客体」ではなく「もうひとつの(自己とは対立する)主体」でなくてはならない、ということになる。こうして、分裂者は分裂するのだ。

この「複数の主体」の間を、分裂者は自在に行き来する(たぶんドゥルーズ=ガタリが「横断的」という言葉を用いているのはこういうことで良いんだろう)。あくまでも私の解釈は素人のものなので、乱暴ではあると思うけれど。

AでありBでもありまたCでもあるもの。なおかつ、どの「ある」を幾つ「ない」に変えても成り立つもの。

確かに物事の捉えかたはひとつではないし、フロイト派の精神分析にしてもドゥルーズ=ガタリによって「超克」されたわけではない。

けれど、こんな論文が日本語で(しかも文庫で)読める時代に「多重人格というのは霊が云々」と信じるのは、たとえば人類が初めて宇宙へ出てから50年も経つのに天動説を信じているのと大差ないように思える。

一度じっくり議論してみたいのだけど、別の機会にちょっと触れてみたら、私の言うことは「難しくてよく解らない」と言われた。
残念。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。