la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
原因不明人生。
火曜日の夜、発熱、37.6度。関節が痛む。
水曜日の朝、平熱。休日なので、9時頃に起きだして洗濯など。
午後になって急激に熱が上がり、38度を越える。咳がひどく、どうにも動けなくなったのでロキソニンを飲んで熱を下げ、夕方、病院へ。

インフルエンザ検査は陰性。七種類の錠剤とうがい薬を出される。また熱が上がるようなら来て下さいとのこと。

木曜日。朝から熱が38度を越えていたので仕事を休み、ひたすら眠る。キウイ二個とヨーグルトを食べる。夜、38.6度まで熱が上がる。シャワーを浴びたのがまずかったか。咳のせいで腹筋が痛む。

普通ならこの辺りで悪夢にうなされ、汗だくになって飛び起きたりしてそれで熱が引く。はずなのだが、夢を見ない。ひたすら寒い。

金曜日、朝の体温は37.6度。
とりあえず病院に行って様子を見る旨、勤務先に連絡。
ロキソニンで36.9度まで熱が下がる。
インフルエンザ再検査、陰性。
前夜の高熱で憔悴していたので、そのまま帰宅。再び眠る。
キウイ二個と八朔一個を食べる。神様からの御使いがやって来て苺とみかんとオレンジジュースをくれたので、それも少し食べる。

夜、また38.1度をマーク。シャワーを浴びたのがまずかったか(学習機能がないわけではない。翌日出勤が前提なら仕方がないのだ)。薬で胃が痛む。

後れ馳せの悪夢。川を遡る銀色の魚たちを突如、濁流が押し流す。川は氾濫し、人々は近くの駅から発車しようとしていた電車に殺到する。カット。見えない手がチョークで書き殴る図、線路の上に×印がつけられ、電車はその手前で存在しないレールに切り替えられ、チョークの線はもう線路とは呼べない乱雑な波形を描いて電車をどこかへ引き込もうとしている。カット。
私は電車の中にいる。

疲れ切って目を覚ます。
朝の検温。37.5度。
苺とみかんを食べて、ロキソニンを飲んで出勤。

もう何でもいいけど。
ちなみに夜の検温では少し落ち着いて、37.2度でした。
薬で胃が痛いっす。
まじ痛くて涙が出ます。
薬を飲んでるのでお酒が飲めないのも辛いっす。

くそー。
と、何かを罵倒してみても虚しい夜です。
うう、お腹が痛いよぅ。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
生きてますかー!?
その症状をロキソニンだけで乗り切るのはかなりしんどいでしょう……。

しっかり療養を取って下さい。
って言っても仕事はあるんスよね……。
2011/02/24(木) 23:30:59 | URL | pac #qbIq4rIg[ 編集]
ありがとうございます。
何とか回復しまして、キウイ生活で落ちた体重も今ではすっかり元通りに…。
人間て意外と頑丈ですねぇ。
でままだ急に寒くなったりして油断ならないので、pacさんも気をつけて下さい。あ、飲みすぎにも(笑)
2011/03/03(木) 22:02:10 | URL | サト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.