la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
度重なる無題
「悲観的に考え、楽観的に行動すること。」
(うろ覚えの警句。出典忘れたのでまた調べます)

コメントの返事を記事にしちゃいます。

そう、何故ハーブを、「放っておいても育つ」奴らを、私はダメにすることができるのか。

ある種の才能かもしれません。

何かの呪いかもしれません。

或いは、単に水をやらないからかもしれません。

カモミール、乾燥に弱いと聞いていたのに3日くらい放置して、ものすごくシオシオになりました(幸い今は復活してます)。

サボテンだけはさすがに元気ですが、かなり増えて鉢にみっちりしてます。互いに刺を突き刺し合ってるのでは、と心配になりますが、植え替えようにもトゲトゲで触れません(ペヨーテじゃないけどスライスして干して齧ったらトリップできるかしらん)。

植え替えを怠ったために自滅させてしまったミントは、鉢から外したら根っこが鉢の形にカッチリしてて、糸瓜たわしみたいな触感になってました。

バジルは、初代はアブラムシにやられて、二代目は種が弱かったんだと思います(自分で採った種)。

こんなんで自家製カモミールティーを味わう日は来るのでしょうか。

多分、無事に花が咲いても天日干ししてる最中に強風が吹き荒れたり虫がたかったりするんでしょう。

何も起こらず無事にお茶がはいったとしても、摩訶不思議にすごく不味かったりするんでしょう。

セ・ラ・ヴィ。

でも、私はプラス思考よりマイナス思考の方が好きなんです。石橋を普通に渡る人を見ても別に面白くないけど、わざわざ叩いてみる人はちょっと笑えるし、叩きすぎて壊してしまう人はもっと笑える。

いちばん怖いのは、根拠のないプラス思考だと思うんです。「大丈夫、悪いことなんて何も起きない」。
そんなの、胡散臭いと思うんです。

だから私は、地震とか火事とか火山の噴火とか、戦争とかが、すごく怖い。
空襲の夢、普通に見るし。

戦争を知らない世代と言っても、体験していないだけで、知らないわけじゃないんです。知識というのは、過剰な共感力と出会ったとき、充分に心的外傷の原因になるのです。もちろん本当の体験と同じだとは、とても言えないけれど…。

ちょっとシリアスになりましたが。

問題なのは、非常食に買い置きしていた缶詰めとかを、平和な夜中に貪り食ってしまうことでしょう。

悲観的に考え、楽観的に行動する。
引用した言葉の意味が、微妙に、けれども決定的に、ズレてしまう今日この頃であります。

あ、もう11時。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
セ・コムサ。
こんばんわ。石橋を無理矢理叩き壊して「どや?危なかったやろ?」と言うのが趣味なpacです。
ハーブから人生観へのアクロバティックな展開お見事です( ̄ー ̄)
悲観的に、というよりロジカルに考えると大抵の事は悲観せざるを得ないような……。

あ、そうそう。
日本で育ったサボテンは齧ってもダメじゃないスか?昔らもさんもそう言ってましたしねぇ。
2010/12/06(月) 22:06:20 | URL | pac #-[ 編集]
展開というより飛躍、思考の暴走です(笑)
セ・コムサ。
セ・ラ・ヴィ。
たまの暴走があってこそ、現実は闘う価値のあるものになるのでしょう。
2010/12/14(火) 22:24:15 | URL | サト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.