la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ジェイルバード、歌え!
You never know dear, how much I loved you.
(『You are my sunshine』Jimmie Davis and Charles Mitchell)

You are my sunshine,
君は僕の太陽だ。

この歌が失恋の歌だと知ったのは、わりと最近のこと。ずっとサビの部分しか知らなかったので、能天気な幸せラブソングだと思っていた。曲調が曲調だしね。

コーエン兄弟の映画『オー・ブラザー!』を観て、音楽が良いなと思って(あ、映画自体も面白かったけど)、サウンドトラックを買った時のことだ。

英語はろくに喋れないけど英語の歌はよく聴くので、簡単なフレーズなら少しは聞き取れる。

それで、あ、失恋の歌なんだ、と気づいた。恋人の心がもう自分の上にはなくて、そのことはちゃんと解っているのにそれでも訴えかけずにはいられない、そんな歌。

「君が知ることは決してないんだ、ねえ、僕がどれほど君を愛していたか。」

伝わればいいね。

いろんなことが、ちゃんと伝わればいい。
不安とか、疑いとか、妬みとか、苛立ちとか、そういうものから自由になれればいい。

そうすれば、日々はもっと、緩やかであたたかいものになるだろう。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。