la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
君の目が語るすべての言葉を
「正直に申しますとそうなのですよ、ロチェスターさま」
(『ジェイン・エア』シャーロット・ブロンテ)

なんて胸躍るお話!
決して皮肉ではなく、『ジェイン・エア』に対する素直な感嘆として。

何より主人公ジェインの造形が素晴らしい。聡明で理性的で率直で、活き活きとして強靭で。

これは相当「可愛くない女」だ。大して器量良しではない(ジェイン本人は自分を「無器量」だと認識している)。そして頭が良すぎる。住み込みの家庭教師としてロチェスター邸に来た当初から、頑固だわ生意気だわプライドは高いわで、挙げ句、普通なら幸福のあまり有頂天になっていて然るべき夜に、誰にも告げずロチェスターを捨てて出て行ってしまう。

熱烈な恋愛の最中にも我を忘れずにいる女。ロチェスターを強く強く愛していながら、決してそのために世界を見誤ったり見失ったりしない女。その鉄壁の自制心ときたら!

おまけに、ジェインはやがてかなりの財産と完全な自由意志による選択権とを手にして、再びロチェスターの前に現れる。一方のロチェスターはと言うと、かつて飛び去った小鳥の面影を記憶の中に追い続ける、哀れな隠居の身の上だ。

そう、貧しい孤児のジェインがお金持ちのロチェスター卿と結婚するのでは駄目なのだ。それはハーレクイン・ロマンスの領分だ。だからこそ、シャーロット・ブロンテは彼女にソーンフィールドを去らせた。この卓抜した魂に、ロチェスターに「選ばれる」幸福ではなくロチェスターを「選ぶ」至福を与えるために。

何だか意地の悪い分析をしてしまったけれど、ほんとに面白い物語だった。言ってしまえば一人の女の子が成長して恋をして結婚する、というだけの物語なんだけど。少なくとも、ジェイン・エアはひたむきに生きている。『1Q84』の彼らのように、ただ物語に動かされるだけの存在ではない。彼らよりはるかに強く、自分の運命を切り開いてゆく。

明確な意志を持ち、それを貫くということ。正体不明の謎と闘うのではなく、自分自身のありかたと闘うこと。

ジェイン・エア。
いい女だよ、まったく。

追記、ところで、この物語を好んで読む男性ってどのくらいいるんだろう?
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.