la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
百年の孤独、さえも
「私の旅は始まったばかりで、決して/終わることはなく/百年が過ぎても、それは始まったばかりで/絶望より向こうには、何も//見えはしないだろう。」
(『ミス・ディキンソンへの手紙』所収「絶望の翼は」より)

この詩は結局、希望を黒い翼の悪魔になぞらえて「純白の鳩に似た、優しい翼を/他ならぬ絶望こそが広げ得るとは!」と、まるきりシェイクスピアの瓢切で終わる。

著者名は書かれていない。奥付けには「二○○六年三月」とだけ。

今の私は何だか「からっぽ」だと公言したことで勝手にスッキリ爽快な気分になっている。

たぶん鬱の揺り戻し、軽い懆状態。

三年前に出ていた結論にたどり着いただけ、というのはもはや滑稽としか言いようがないのだけれど、今の私はこの詩を笑って読める。

そうだよ、その通り。
百年が過ぎても、それは始まったばかり。
そんな旅も悪くない。むしろ飽きなくて良いよね。
追記、栗本薫の訃報に接して。
思えば私が『グイン・サーガ』を読み始めたのは高校受験の年だった。今の私は「好きな作家」の名前に栗本薫を挙げることはないし、ここ数年グイン・サーガは冗長すぎると感じてもいたし、ガンなのも知ってたし、人が一生に書く文章の百倍くらいとっくに書き終えちゃった人でもあるとは思う。
でもやっぱり、残念だな、と思う。人生が濃すぎたというか、ファンに急かされすぎたというか。もうちょっとゆっくり丁寧に書く時間があれば、グインはもっと完成度の高い傑作ファンタジーとして100巻で完結していたんじゃないだろうか、と思ったり。

お疲れさまでした、という以外に、何も思いつかない。せめて眠りよ安かれ。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。