la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
歌に生き、恋に生き…?

GW前に処方して貰った三週間分の安定剤をどこだかに大半なくしてしまった上、「週に一度は酒を抜け」だったはずの上司命令がいつの間にか「酒を止めろ」に変わっていて(今は週に二、三度しか飲んでいなくて、自覚症状の改善としては「白眼がすごく白くなった」のだけど)、途方に暮れながらも今日は久々に明るいうちに帰宅。

オカリナの練習を少しと、半年ぶりくらいにアコギを調弦してたらたら歌ったり。

近所迷惑だったろうと思うけど、ほんとに久々だったので幸い階上の住人も許してくれた(以前ドタバタ暴れられたりガシャンと激しく出て行かれたりして、それ以来オカリナはカラオケルームで練習していた)。

歌うのって良いなぁ。オカリナも好きだけど、自分で声を出すのは別格の気持ち良さだ(巧い下手は別にして)。選曲自由で個人レッスンしてくれる教室があったら通いたい。なんか「懐かしの童謡」とか「憧れのシャンソン」とか「皆でゴスペル」とかいう教室はあるんだけど、どうにも馴染めなさそうだし。ギターは本当に下手で(未だにFmajが押さえられない)調弦も面倒だし、習いたいと思わない。テルミンに至ってはまともな旋律すら奏でられなくて部屋の片隅にうっちゃってあるし(電子楽器の音が苦手だというのもある)。

正直、私は多趣味だと思う。ついて行けない話題は芸能とスポーツと他人の悪口くらいだと思う。でも、でもね、世間にはそればかりが氾濫していて、私にはついて行けないんだ。

折しもオカリナ・アンサンブルのメンバーに「グループ名は任せるから何かいい名前をつけて」と頼まれて、もちろん「リトルネロ」と命名させて貰った(ありがとう)。八月には神戸のオカリナ・フェスにも参加予定(誰でも出られるお祭りだけど)。

これまで読んできた本の断片と共に、この「リトルネロ」も私のランタンの灯になりますように。

歌いたい!という今の切羽詰まった気持ちについては、またどこかで別の機会があるかもしれない、と考えている(別にカラオケルームで一人で歌ったって良いんだよね。まだその勇気はないけど、出来損ないのオペラのアリアなんか誰にも聴かせられないし)。

ただ、新たな上司命令が「恋をしなさい」というのは、これはどうしたものだか。基本的に私はある程度サラリーマン根性を身に付けてしまったので、信頼できる上司の指示には従いたいと思う。でもこればかりは、ねぇ。今度言われたら「セクハラです」と断言しなきゃ。

いいんですか? 私が本気で恋をしようもんなら、仕事なんか一切、手につかなくなりますが。

じゃなくて。
今はとにかく歌いたい!
泣きたいとか叫びたいとか、多分そういうのと同じレベルの衝動。

明後日、実家に帰ってピアノ弾いたりするつもり(職場はGW関係ないので日帰りだけど)。少しは気晴らしになるかな。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。