la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
ベイビィ・ラブズ・トゥ・ラン
小咄。

社長から食事に付き合うよう言われた社員A。
「すみません、実は酷いアレルギーがありまして、外食はダメなんです」
「ほう。何のアレルギーだね」
「…社長アレルギーです」ちゃんちゃん。

いや、書きたいのはそんな下らない話じゃないんですが。

ねえ。そうでしょう?
貴方に「空気を読め」と言う誰かが、かつて一度でも貴方の空気を読もうとしたことがあります?

結局「空気を読め」って、語彙力表現力伝達力の無さをさも聞き手の欠点であるかのように思わせる、ケチな権力者の理屈ですよね。

ただの責任転嫁じゃん、と私は思うわけです。そういうことを言う人に限って、「責任転換」なんていう間違った言葉を平気で使うし。あと「固定概念」とか。言ってて気づきそうなもんなのに、ああ恥ずかしい。
もちろん、以心伝心は別に悪いことじゃない(伝えたいことがうまく言葉にならない時、相手が魔法みたいにぱっと理解してくれた瞬間のあの驚きと安堵と喜び!)。でもそれは、社会の上下関係の中で一方的に強要されてはならないものだと思う。

私の思想的潔癖症は近ごろ自閉という末期症状を呈しつつあるけれど、私はまだまだ諦めない。言葉を尽くして対話することを。勝ち負けの口論ではなく、理解と一致と次善の策とを求める議論を。

(それにしてももう少し感情を抑えなきゃ、ただ腹を立ててるだけだと思われるナ。)

あぁあ、結局ブログに仕事の愚痴を書いちゃった。愚痴ついでに言うと、私はいつまで「女のコ」よばわりされるんだろ。「女のコ」というのが紛れもない蔑称だってことを、彼ら/彼女らが理解することはないんだろう。んで、またまたついでに言うと、女性社員はホステスじゃない(何でこんな前近代的なこと今さら!)。

明日の昼休みは絶対ふくれっ面でいよう、私。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.