la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
くろんど池に羊を見に行こうプロジェクト、vol.1
「ところが、フリーな時間に浸って煙草を燻らせていると、やはりさきほどのUターンのポジションまで、自然に思考が行き着いてしまう。まるで、その標識がまだ立っていることを怖々確かめにいくように。」
(『少し変わった子あります』/森博嗣)


Vol.1、というからにはvol.2もあるのだろう。
きっと。
たぶん。
まあ、ひょっとすると。
いや、必ず。

先のことはさておいて、今日、十数年ぶりに森博嗣の小説を読んだ。
森博嗣は、実を言うとそんなに好きな作家ではない。大学を出て最初に就職した職場の先輩がペーパーバックのシリーズをごっそり貸してくれて、当時は今よりもっと「自分が何を読みたいのか解らない」という暗中模索期だったので、目の前に本が差し出されれば条件反射で引っ掴む、という感じだった。まあ、決してつまらなくはなくて、だからそのシリーズは最後まで読んだし、それからも何冊か、別の作品を読んだりもしたのだけれど。

それでも結局は遠ざかってしまった。振り返れば少しサブカルチャー色&計算ずくな技巧色が強すぎて、私の古典/純文学趣味とは相いれない、というのが正直なところだ。
引用した『少し変わった子あります』にしても、行方不明になった友人に紹介された不思議な店を主人公が訪ねる気になった時点で、実は最後の展開が見えてしまった。森博嗣のことだから奇抜に裏切ってくれるのかと思いきや、まったく、100%、予想通りの結末。

でも。そういうプロットの粗さ(プロットの粗さ、なんて、森博嗣にはいちばん縁遠い評だろうけど)を超越して、細部の語りや比喩の面白さで充分、最後まで読めた。まあ、比喩なんかはいくぶん鼻につく「狙いすました感じ」があるのだけど、そこは森博嗣だし。

もとい。
くろんど池に羊を見に行こうプロジェクト、vol.1、のことを書きたかったのだ。
今月、有給も取っていないのに、珍しく連休があった。
その前の休みは高熱を出して寝込み、翌日はそのダメージで欠勤。その後三連勤したあとの連休だ。
当然、療養がてらだらだら過ごすのがセオリーだろう、と思っていた。
ところが。
最近、庭を放ったらかしにしていることに気づいた。
野菜ゾーンは家人がまめに世話をしてくれているので、セーフ。「庭の騎士」ことアシナガバチが軒下に巣を作ってくれて、怖いのは怖いのだけどアシナガバチは野菜にたかる虫を狩ってくれる文字通りの「騎士」なので、今年は虫喰いの被害が比較的少ない。
しかし、野菜ゾーンの奥が、もう野放図だったんである。
名も知らぬ雑草が元気いっぱいにはびこり、アップルミントが煉瓦の仕切りを越えてのさばり、セイタカアワダチソウがすくすく育っている。
草刈りをせねば、と思いつつ、体調不良やら天候不良やら単なる怠惰やらで、すっかり放置していた。

思いきって長袖長ズボン、日焼け止めに虫除けスプレーをして、ざくざく雑草&アップルミントを刈る。そのうちに家人も参戦、あっという間に庭はキレイになって、あろうことか去年熟れすぎて捨てたミニトマトの種が勝手に芽吹いて花を咲かせていたり、青紫蘇が虫喰いひとつない立派な葉を茂らせていたり、移植した覚えもない山椒が生えてきてたりと、なかなかワイルド&ワンダフルな実情が明らかになった。

これってあれかな。
人があれこれ世話するより、放っとくほうが植物は元気に育つのかな。
つまり、自然農法ってやつなのかな。
と思いつつ、草刈りほんの十分くらいで終了。

んで、本題はその午後である。
「エスニックぶっかけそうめん」なる創作料理で昼食を終えた後、不意に「くろんど池に羊を見に行こう」という話になった。
しかし、私は病み上がりである。
その前の休日は高熱を出して寝込み、何とか平日の三連勤はこなしたものの、夜になると微熱がぶり返したりしつこい咳に悩まされたりしていた身である。
訊くと、多少の登りはあるけれど素人でも充分に行ける範囲(もちろん自転車で)だそうだ。
田んぼに放されてのんびり草を食んでいる羊を、見たくないわけがない(私は)。

それで、まあ、様子を見ながら行ってみることにしたのだけれど。

案の定。
家人が「平地」と呼ぶなだらかな起伏が私には「丘」としか思えず、家人が「入口」と呼ぶ登り坂が私にはあまりにもしんどく、日差しは残酷に照り付け、止むを得ず小休止するもサイクリストが当たり前に水分補給するなんかあのプラスチック容器から水を飲む要領があんまりよく掴めないでいる私はもろにむせて地面に水を吐き出し、風邪の余波である咳も相まって、普段はしんどがる私を面白がって引き回す家人が「目が死んでる」「引き返そう」と言う始末。

それでまあ、中途棄権しました。

ああ、羊、見たかったなあ。

あんまり中身のあるエピソードではないけれど、そこはvol.2に期待。
「ああ、羊、見たかったなあ」と思っても、たぶん私にはまだ、この先「羊を見る機会」があるだろうから。
スポンサーサイト
Designed by aykm.