la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
臆病者のアウトドアライフ/木津川カヤック体験記
…ここで引用したかった一節が、図書館で借りてもう既に返してしまった本からのもので、ネット上では見つからなかったので後日確認してから引用します。。ということで、引用なし記事です。

今年の抱負のひとつだった「カヤックで川デビュー」、先日、無事に行って来ました!

カヤックで木津川を下ってみたい、と思っているどこかの見知らぬ人がこのブログを見る可能性は限りなくゼロに近いのだけれど、万一そういうことがあった時のために、できるだけ具体的な情報を織り交ぜて「木津川カヤック体験記」など書いてみます。

スタート地点は笠置。
ゴール予定地点は、家からほど近い「玉水橋」の、おうちから遠いほうの岸(ということは左岸で、ということはつまり、ええと、西側)。

私は奇跡的なくらい地図が読めないので、木津川の載ってる地図を何度見てもどちらが上流でどちらが下流なのか咄嗟に理解できない。ふだん「おうちから見ると左が上流で右が下流」という実に手前勝手な風景で木津川を捉えているので、地図で見ると「木津川がタテに流れている!」ということにいちいち衝撃を受けるところから始めなくてはならない(「しかも下が上流!?」という、ツッコミどころ満載な驚きを実際に口に出してしまったりする。一応、ツッコミどころ満載だということは自覚しているのだけど)。

もとい。
まずは玉水橋左岸にある、飯岡船公園の脇にある駐車スペースに回収車を止め、車に積んで行った自転車でいったん帰宅(家人が)。
カヤックを背負い(家人が)、その他装備をカートで引っぱって(これは私が)、徒歩5分の最寄り駅へ。ここから電車で笠置へ移動します。

加茂から笠置を通って走る関西本線は「本線」にも関わらず一両~二両編成のワンマンカー。山肌に張りつくようにして木津川沿いを走る、風景も電車そのものの佇まいも、それどころか運転手さんのお仕事ぶりも、非常に素敵な路線です(同じJR西日本に就職して運転手になっても、大阪やら京都やらの都会の路線で働くのとはずいぶん違うんだろうなあ。配属先とか希望したりできるんだろうか。ちなみにこの日の運転手さんからは「関西本線大好きオーラ」が出ていて、運転席でほとんど鼻歌でも歌いだしそうな風情でした)。
平日ながら行楽の人たちで賑やかな車内、先頭のガラスに張りつくようにして景色を楽しみつつ…って、たったひと駅。

朝のうちはすっきりしない曇天で、雨に降られたら嫌だな、と思っていたのが、この辺りから徐々に青空が広がって気温も上がっていい感じになってきました。

笠置の駅で電車を降り、キャンプ場の方へ向かいます。でもキャンプ場には入らず、途中の商店でグミとじゃがりこ買って(菓子パンとかジュース、バンドエイドくらいの補給はこの辺でもできます。バーベキュー食材&資材やらお弁当やらが買えそうなお店もありますが、平日だと店番の人がいないことが多いので要注意)、その先のT字路を左へ。笠置大橋のたもとを右へ入っていくと、「カヌー広場」なるところに出ます。そこでカヤック組み立て。今回は流血なし、どうやっても左へずれたがるキールパイプをどうにかこうにか真ん中に押し戻し、どうやってもちゃんと閉まらないスターンデッキをどうにかこうにか閉め、このころには既に炎天下くらいの勢いで汗だく小休止。

その後、ススキをかき分けてカヤックを運び、数メートル上流のトロ場から出艇です。
木津川は穏やかな川なので、そんなに緊張感はありません。
キャンプ場付近にちょっとだけ瀬があって、でもそこを越えれば後は何もなく安全、というのは知っていたけど、この瀬も水量の多そうな右寄りを行って楽しく通過(雨のあとで水量はたぶん多めだったと思います)。

カヤックのタンデムは、実はあまり好きではないのですが(何事も一人で気ままにやるほうが好きだし、家人と漕ぐと喧嘩になることが多いので)、この日は主に私が組み立て&パドリング&食料担当、家人が運搬&野鳥観察&危機管理担当、という住み分けで衝突を回避。

この日の木津川は、実にのんびりした安全な川でした。
いわゆる「チャラ瀬」、水深がかなり浅いところが三か所くらいあって、ひとつめでかなりまともに座礁。浅くてもやっぱりそこは「川」、いくらパドルで底を突いても水圧に抗することができず、ちょっとあわあわしました。いったん降りてちょこっとポーテージ&再スタート。その後のチャラ瀬は中州に上陸してポーテージしたり私だけ乗ったまま危機管理担当者が牛飼いよろしくカヤックの鼻面に綱つけてじゃぶじゃぶ誘導してくれたり。

で、どこが「臆病者のアウトドアライフ」なのかって。
私はふだん、わりと自分を過信して突っ走るタイプだ(いや、自覚して気をつけてはいますが)。それなのに、カヤックで初めての川下りをしながらいちばん頻繁に私が想像したのは、「今この瞬間、巨大地震が起きて、上流にあるダムが決壊したらどうなるだろう」ということだった。

いや、笑いごとじゃないんです。
笑いごとかもしれないけど。
「自分ではどうしようもない事態」に、私は人一倍、怯えるんです。

子供の頃、私の部屋に置いてあった本棚には両親の蔵書が並んでいて、そこにあった『苦海浄土』や『スリーマイル島』が怖かった。ページを開いて読んだこともないのに、それらの本がどんな事柄を描いているかは何故か知っていて、その背表紙に触れることもできないくらい怖かった。
大人になって一人暮らしを始める時も、住む部屋を選んだ理由の三割くらいは「ここからなら火事になっても逃げられる」というものだった。火事も公害も原発事故も、核実験も地震も津波も、ずっと怖かったし、ああ、もちろん(もちろん!)、今でも怖い。

まあ、冷静に考えれば怖くて当たり前、なのだけれど、毎日の生活の中でいちいちそんなことに怯えていたら何もできなくなるのも確かだ。

ただ船で川を下る、というそれだけのことに、私はずいぶんと憧れ、それでもなかなか実行に移せずにいたのは、「なんかあったらどうしよう」という、ものすごく漠然とした恐怖の故だった。

笑いごとなのか、そうじゃないのか。
今でもよくわかりません。

とにかく、やってみて良かった、楽しかった、と言える「事後報告」の今になってようやく、私は無条件に「楽しかった」と断言できます。

のんびり三時間。
実際には、川の流れが穏やかすぎて予定していた上陸地点にはたどり着けず、木津の泉大橋左岸で上陸、カヤック解体しました。あとは徒歩でJRの木津駅へ。
回収車を回収し(家人が)、楽しかった一日の締めくくり、ホットプレートで「インドアバーバキュー」。

エーコの『フーコーの振り子』は無事に読了、呪いからも解放されて(終盤ガーッと面白くなったのに何だかぷっつり終わってしまった)、カヤック満喫、幸福なんだかそうじゃないんだかよく解らない日々の中で、とりあえず何だっけ、エポックメイキング? な一日を過ごすことができました。

天にまします我らの神よ。
願わくは…。
スポンサーサイト
Designed by aykm.