la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ワラジムシ、ドーバー海峡、舌と靴底
過日、スーパーに買い物に行って、鮮魚売り場で何やら不気味なものを見つけた。
平たく、のっぺりしている。
ワラジムシとナマコの合いの子のように見える。
兵庫県産。
380円。
パックに貼ってあるシールには、産地と価格がそう印字されている。
そしてもうひとつ、「舌ヒラメ」の文字。

え? 舌ヒラメ?
もしかしてこいつ、舌平目なの?
※ちなみに私は、舌平目というのはドーバー海峡でしか獲れないものだと思っていました。

大きさは頭も入れて30cm弱。二尾入って380円。
安すぎる気もするけれど、腐っても舌平目だろう、きっと、多分。
「今日の晩ご飯、舌平目のムニエルだよ」って、貧乏グルマンな私にはどうしたらいいか解らなくなるようなズレ感と高揚感があって、パックをカゴに入れてそのまま躁状態に突入。
※実は舌ヒラメと舌平目は別物だったとか、調理に大失敗したとかいうオチは、あってほしいけどありません。

家に帰ってさっそく、インターネットで舌平目の捌きかたを調べる。
とても丁寧な解説が見つかる。
「意外と簡単です」と書いてあって、確かに意外と簡単だな、と思う。
裏側から喉もとへ包丁を入れて、皮一枚のこして切り込みを入れる。頭をわし掴みにして、反対の手で身をわし掴みにして、頭とつながっている表側の皮をべりべり剥ぐ。つもりが、めちゃめちゃ固い。ぜんぜん剥がれない。ぬるぬる滑る。
格闘しているうちに、頭がちぎれる。
そんな悪戦苦闘の末、何とか表裏とも皮剥ぎに成功(まあ、技術的に「簡単」なのは確かだけど、かなり腕力がいるわな、と呆れる)。
皮を剥いてしまえば、実に美味しそうな、綺麗な身だった。
ただ、あまりにはかなく薄っぺらいので、三枚おろしは断念して骨ごと調理することに。

生トマトと人参をオリーブオイルとガーリックで炒め、ちょっと煮詰めて、ハンドブレンダーでピュレにする。
舌平目に塩胡椒をして少しおき、小麦粉をはたいて、バターソテー。

気分を盛り上げるために、なんちゃってフレンチな盛り付けを試みる(うーん、だいぶ残念な感じ)。

でも味は紛れもなく、「舌平目のムニエル」だった。
今までムニエルにしてきたどんな魚より美味しかった。
たぶん、レストランとかで使うには小さすぎて売れないやつを、ほとんど投げ売りみたいにして店頭に並べていたんだろう(勝手な想像)。でも、家で調理するにはちょうどいい大きさだったし、苦労した甲斐があった。

でも今まで売ってるのを見たことがなかったので、もしかするとすごいレアアイテムなのかも。
Y屋という垢抜けない、鮮魚売り場以外には何の魅力もないスーパーだけど、魚だけは充実していて、ほうぼうとか、めばるとか、金目鯛とか、普通に売ってる。
これからも珍しい魚に出会えるのを楽しみに、時々のぞいてみよう。

RIMG0004.jpg

RIMG0005.jpg



RIMG0011.jpg


[ワラジムシ、ドーバー海峡、舌と靴底]の続きを読む
スポンサーサイト
ieの孤独な闘争(と、その展望)
初めて自分で買って自分で運転した車はアルトワークスの最終型RS-Z、潤んだ目をした外見のせいでコアなアルトワークスファンからは難癖をつけられたりするモデルだった。でも私にとってはそんな外見も色(平凡な白だけど、昨今の車の白よりほんのわずか、オフホワイトに近い)も乗り味も非の打ちどころのない、大事な大事な相棒で、事故で廃車にしてしまうまでの九ヶ月、乗るのが楽しくて仕方がなかった。

事故のあと、車屋さんが「次の車が見つかるまで」と貸してくれた代車は、スティングレーだった。攻撃的な顔つきとは裏腹にとても静かに走る車で、まるで車じゃなくて部屋が動いてるみたいな気がした。車に「乗せられてる」感じでどうしても好きになれなかったし、慣れることもできなかった。

だから、ようやくRS-Zと同じ外見をした二台目のアルトワークスが見つかったとき、心の底から嬉しかった。
アルトワークスの「ie」というモデルで、車屋さんまで引き取りに行ってみると、一台目とまったく同じ人待ち顔をしてそこに止まっていた。

でも、エンジンをかけてアクセルを踏んだ瞬間、ああ、全然ちがう、と思った。家まで運転して帰る間もずっと、これは「私の車」じゃない、と思い続けた。そんな風に思えば思うほど、事故を起こした自分を責めた。

その後も、フロントガラスが雨にからきし無力だったりいわゆる「ベルト鳴き」がしていたり、エアコンのコンプレッサがただごとじゃない異音を出して修理を頼まざるを得なかったり(車屋さんは「初期不良」という扱いで無料で直してくれたけど)、たまに不意打ちでパワーステアリングが利かなくなったり、先日は行きつけのガソリンスタンドで(「今日も飛ばしてはりますかー?」という結構なご挨拶。車が車だから仕方ないけど)、後ろのタイヤが金属片を踏んでスローパンクを起こしていることが判明。「普通これだけ空気抜けてたら、多少は違和感あるんですけどねー」と言われて、何も気づいてなかった自分にがっかり。

フィーリングが合うとは言い難いし、それ以前に、トラブルが多すぎる。
もちろん、並みの軽自動車よりはよく走るんだろう。
でも、RS-Zは九ヶ月の間、一度も、何のトラブルも無かったのだ。

そんなことをぐだぐだと考えながらも、ほぼ毎日、私はieのおかげで仕事に通い、買い物をしている。
そう、ieだって車なんである(グーグーだって猫であるように)。
本当に、とても、お世話になっているんである。
確かにRS-Zの時みたいに、休みの日に大した用事もなく、車を運転するためだけにドライブに出かける、なんてことはなくなっている。
まあ、でも、私にとって車というのはそれくらいで丁度いいのかもしれない。

というわけで、明日も元気に(?)ieで通勤します。

追記、今年の目標をふたつ。

ひとつめは、安全運転。

ふたつめは、早寝早起き。もとい、毎朝ちゃんと庭に出て、畑の様子を見ること(アゲハの幼虫はでかくなると心理的に駆除しづらくなるので、卵のうちに取り除くこと)。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。