la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
仕事と、仕事と、仕事の日々
「詩人は自分の存在を正当化しなくてもいいんだよ」
(ハーバート・R・ロットマン/『マン・レイ 写真と恋とカフェの日々』より、「政治に首を突っ込」んだポール・エリュアールに向かってマン・レイが言った言葉)

世の人の誰も彼もが自分を正当化しようと躍起になるのは、これはもう人間の習い性のようなものだ。数十年来ビジネス書の定番になっているという本に、犯罪者ですら「これは悪いことだ」と自覚しながら罪を犯す者はいない、と書かれていて、少々言葉足らずではあるものの、罪と言うのはたとえば何かに対する報復なのだとか自分が少しくらい余計に金を儲けたって何ほどのことがあるのかとか、いじめにしても「あいつがムカつく態度をとるから悪いんだ」とか、そういう何らかの「正当化」のプロセス=つまり「いいわけ」があって初めて行われる、という意味だと思う。

詩人は自分の存在を正当化しなくてもいい。
これは実は「ものすごいこと」で、自分の存在を正当化することなく生きてゆける生きものは、自己に対するあらゆる世評を無視していられる。他者の価値観を超越していられる。それに、自分を正当化するために他者を非難する必要もない。

つまり、詩人は自由でいていいのだ、ということ(ただし、これを「悪に走ってもいい」というのと同義に捉えるのは間違っている)。

自由でいること、自分を正当化しなくてもいいこと、何ものにも縛られずに生きること。
けれど自由であることは、どうしても、孤独であることと分かちがたく結びつく。

「自分を正当化しなくてもいい」と言われたエリュアールが、自分にそう言ったマン・レイに(後になって)告げたのは、「自分は(政治的活動において)必要とされているのだ」という言葉だった。結局エリュアールはその後も頑なに政治に係わり続け(というか政治活動にのめり込み)、後年マン・レイに「純真さが仇となった」と言わせることになる。つまりこの詩人は、自分の存在を正当化しなくてもいい詩人の世界に生きるより、自分の存在を必要とする、何やかやと雁字搦めな政治の世界に生きることを選んだのだ。

一方のマン・レイは、写真家としての名声を手にしながら終生、画家でありたいと願い続けた。この“パリのアメリカ人”はどんな派閥にも属さず、それでいてあらゆる派閥と関係し、あらゆる会合に顔を出し、誰からもそこそこ歓迎され、知り合いでない人はいないとまで言われた快活で社交的な人物。ポートレイトを撮るのに、これ以上適した人物が他にいるだろうか。エリュアールに対するこの言葉にしても、現実を現実よりいっそう限定的に、鮮やかに写し取る「写真」の感覚がはっきり表れている。

そう、確かにマン・レイは「写真家」であり、ポール・エリュアールは「詩人」であった。けれど二人とも、それらの魂を完全には容れなかったのだ。

ひねくれ者の天才たち。

ともあれ、マン・レイのガイドによるモンパルナス周遊。
「アングルのヴァイオリン」の写真でしか知らなかった“噂の”キキにも会えたし、いけすかないブルトンや奇天烈なダリはさておいて憧れのマルセル・デュシャンにも会えたし(私はデュシャンの作品よりもデュシャンの顔が大好きだ)、しかもデュシャンがマン・レイとよくチェスをしていたことも知って(デュシャンの腕前はプロ並みだった!)、何だか充実した休暇を過ごしたような気分だ。
[仕事と、仕事と、仕事の日々]の続きを読む
スポンサーサイト
「大津百町まちなかバル」雑記
大津百町まちなかバル。
5枚綴りのチケットを握りしめてJR大津駅~京阪浜大津駅エリアの参加店舗を回るという、食べ歩き/飲み歩きイベント(600円相当のチケット1枚で一品&ワンドリンク)。

当日は仕事帰りだったので、めいっぱい急いで7時すぎに現地着。世間的には連休始めの土曜日だったので混雑を覚悟で乗り込んだのだけど、駅前は予想外に閑散としている。特に風情があるわけでもない通りを「飲まず友達」のCやんと二人ぷらぷら歩いて、一軒めの目的地『魚忠』へ。上品な懐石料理のお店で期待度は高かったのに、店先にバルメニュー(限定40食)完売の案内が出ていてがっくり。そこから二軒回ったけどどこもいっぱいで入れず、浜大津駅近くの『KAWAIYA』へ行くと運良くちょうど席が空いたタイミングに潜り込めて、趣味の良い店内の小さなテーブル席につくことができた。出してもらったのはサーモンのパテと牡蠣フライ。真っ白い大きな丸いプレートの片側にサーモンのパテ、反対側にトマトソースを敷いてその上にまんまるなコロッケ(見た目はコロッケなのだけど食べてみると中味は牡蠣、という可愛らしいフライ)がぽんと乗せられていて、パテとそのコロッケを仕切るようにしてバルサミコのソースが大胆にお皿を横断している。これはかなり嬉しい一皿だった(おまけにドリンクもけっこう美味しい白ワインだった。惜しむらくはグラスが色つきの手作り風ので、私としては無色透明のグラスで出して欲しかった)。

そこから『大津グリル』へ行くとそこもバルメニューは完売で、お店の人とちょっと喋って、それからさっき満席で入れなかった二軒に戻って(『くし屋敷』ではバルメニューのお刺身は完売していたのに串揚げを用意してくれて、そんなに「スペシャルなお店」という印象ではなかったのだけど有難かった。ここで出している純米酒「松の司」がすごく美味しいらしいという噂を聞いていて、日本酒の苦手な私をして「それだけは飲んでみたい」と思わせていたのだ)。松の司は、透明感のあるクリーンなお酒を想像していたのだけど全然違って、とろりとした舌触り、濃厚だけれどどこか捉えどころがなく口の中にふわりと不思議なあたたかさをもたらす、何とも印象的なお酒だった。これはお刺身じゃ負けてしまうかもしれない、あん肝くらいじゃないと太刀打ちできないかもしれない、と思いつつも堪能した。

最後は期待していた「びわ鱒の刺身/モロコの天ぷら/鮒ずし」の『喜烙亭』へ。美味しそうなお店だからここでしっかりご飯を食べよう、という予定だった。ところが、びわ鱒の刺身は私には脂ののったサーモンと区別がつかず、モロコの天ぷらはわかさぎと区別がつかず、お店の雰囲気もあんまり好きな感じではなくて、鶏のから揚げとピザという、ありきたりの安い居酒屋さん的なものを頼んで食べて(ありきたりの安い居酒屋さん的な味だった。しかも鮒ずしは完売で食べられなかった)、そのくせ閉店ぎりぎりまで居座ってお喋りして、解散。

総括としては、楽しかったし、面白い企画だったと思う。
いちばんの収穫はやっぱり『KAWAIYA』さん。バルメニューだけで帰ってしまうのが惜しいような、「ちゃんと本気でフレンチを作っていて、しかもそれを気軽に楽しんでもらおうとしている」というお店の心意気みたいなものを感じた(ワインを色つきグラスで出すのだけは勘弁してほしいけど)。プライベートでまた来たい、と思ったのは、唯一、このお店だけかな。

ともあれ、久々に友達とゆっくり喋れたし、良かった。
そんな夜でした。
その後のケルシー
ちょっと熟してきたっぽい。
ハート型でかわいくないこともない。

その後のケルシー
未知との遭遇in果物屋さん
「すもも好きには2グループがあります。酸味が好きなグループと、腐る寸前の妖しい味が好きなグループです。」
(All About「プラチナレシピ」のWEBページから)

ケルシー


私はすももが好きだ。
すもも、つまりプラム。
どれくらい好きかというと、季節にはほぼ毎日、冷蔵庫に入っているくらい。それにほぼ毎年プラム酒を漬けるのだけど、飲み頃を迎える前にぜんぶ飲んじゃっているくらい(これはまた別か)。

そんで、どちらかというと私は酸味が好きなグループだ。前の職場にいた時、長野出身の上司が帰省したときお土産に持って来てくれた段ボール2箱分のネクタリンの味が、ものすごく酸っぱくてものすごく緻密でものすごく生命力に満ちていて、今も完璧に記憶の中で再現できるくらい印象に残っている。当時の派遣の先輩たちは皆ブツブツ言いながら給湯室で皮をむいて切り分けてデスクに配って、いざ食べてみると顔をしかめて「すっぱ!!」と絶叫していたけれど。

いや、あれは美味しかった。素晴らしい果物だった。

さて、問題のケルシーである(画像参照)。
初めて見かけたのは去年だったか、「ケルシー? 何じゃそら」と思っているうちに季節が変わって姿を消してしまったので、来年見たらぜったい買ってみようと思っていた。
雨蛙みたいな見事な黄緑色をした、お化けプラムみたいなヤツ。
去年はインターネットで「ケルシー」と検索してみても、果物の情報は全然出て来なかった。それで、名前の記憶違いだったかと心配していたのだけど。

百貨店の地下に入っている昔ながらの果物屋さんで、今日、無事に再会できた。

「あっケルシーだ!」と思って寄っていくと、「それね、プラムの一種だよ」と、店番のお婆さんがさして愛想良くもなく教えてくれる。おお、そうなのか。プラムなら私の好きな味に違いない。「このまま食べられるんですか?」と訊くと、「そう、うちの娘なんかは皮ごと食べるよ」。

それで、「じゃ、これ1パック」と言って買って帰って、冷蔵庫で少し冷やして食後に食べたのだけど。

うーむ。
あんまり、美味しくない。
気の抜けたプラムが、ちょっとプリンスメロン的な、青い瓜系のニュアンスを醸し出した感じ。
何なんだろう、ケルシーって。

あらためてインターネットで検索してみると、「幻の美果」なんて記事が出て来る。何でも栽培が難しい上に外観が一般受けしないせいで、あまり大量には出回らない果物らしい。けれど、その味については絶賛されている。
結局ケルシーのルーツに瓜の気配はなく、ケルシーという名前もカリフォルニアの農園の名前なんだそうで、遡れば原産地は日本の山梨。

私の食べたのは、ちょっと熟しかたが足りなかったのかしらん。
とりあえず2個で350円だったので、残った1個は「腐る寸前」を試してみようと思っている。

残暑の折、果物を常温で置いておくのはなかなかリスキーなんだけど。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。