la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
宇宙旅行へはクマを連れて
「天に神はいなかった」
(ヴォストーク1号、ユーリ・ガガーリンの言葉)
「ふり向けば、すぐそこにいるのではないかと思われるくらい、神は近くにいた」
(アポロ15号、ジム・アーウィンの言葉)


ともに立花隆『宇宙からの帰還』からの引用。
NASAの宇宙飛行士たちに取材し、「宇宙体験が彼らにどのような影響を及ぼしたか」をまとめた本。それまであまり語られることのなかった宇宙飛行士の内面に向き合い、精神的・宗教的・哲学的な側面から宇宙体験を捉えようとする試みで、といってもアポロ時代の宇宙飛行士というのはつまり軍人であり技術者であるので、中には宇宙体験は自分の精神にまったく何の影響も与えなかった、と言い切る人までいるのだけど、時代の古さをさておいてもとにかく読み応えのある一冊だ(ちなみにアーウィンは、帰還後にハイ・フライトという教団を設立してキリスト教の伝道者になった)。

数日前のこと、他愛もなく夏風邪にやられてズルズルゲホゲホしていると、兄からメールが届いた。
「アームストロング船長がお亡くなりになった」。
まあ、兄からのメールは決まって誰かの訃報(過去数年間で受け取ったほんの数通のメールのうち九割がそれ。記憶にあるところではJ.P.ホーガン、浅倉久志、栗本薫、そして何故か児玉清)だから、メールを読む前から私は「今度は誰が死んだんだ?」と身構えるのが常だ。
今回はそれがニール・アームストロング。

わあ、まだ生きてたんだ。

アポロ11号の月面着陸なんかものすごく昔のことだと思っていたから、その当事者が死んだということより、今まで生きてたことのほうに驚いてしまった。
でも、そうなんだ。
あれってまだ、たった43年前のことなんだ。

ライト・フライヤーが空を飛んでからアポロ11号が月に降りるまでにかかった時間は、たったの六十年。
たとえばライト・フライヤーが飛んだとき十歳だった少年は、第一次大戦、ツェッペリン飛行船、リヒトホーフェンのフォッカー、リンドバーグのスピリット・オブ・セントルイス、第二次大戦(V2ロケットだのエノラ・ゲイだの)を経て、戦後イェーガーのベルX-1が音速を超えた時にはまだ40代半ば、さらにベトナム戦争、ガガーリンのボストーク1号なんかが続いて、アポロ11号の月面着陸の時には六十代半ば。

つまりこれは、一人の人間の一生の中に収まってしまうほど短期間の進歩なのだ。
人類はものすごい早さで進歩している、そんな風に見えるけれど、同時に、驚くほど進歩がない、と見ることもできる。

戦争のための技術がこれほど進化したのに比して平和を維持するための技術はまるで進化していない、というのは最近読んだ何かの本に書いてあって、それが何の本だったか一向に思い出せないのだけど(誰か知っていたら教えてください)、ほんとその通りだ、と思う。
太古の昔から、人はあらゆる工夫を凝らして人を殺してきた。
結局、自分のテリトリーを守ったり広げたりするために邪魔者を排除しようとしている「動物」なのだ。幾ら技術が進歩しても、邪魔者の排除がより「大規模」に「効率的」になるだけ。平和的共存は、いつまで経っても「机上の空論」「生ぬるい理想」で終わる。

平和的共存を「現実的課題」であり「優先事項」であると定めることが、そもそもできないでいるのだ、人類は。

言葉とか想像力とか、共感する力とか。
人類にはいろいろと、得難い特質が備わっているにも関わらず。

不思議だ。


[宇宙旅行へはクマを連れて]の続きを読む
スポンサーサイト
異人種との実り多き交流
「色も風も天気も景色も、びわ湖って毎日ぜんぜん違うし。」
(カヤック体験教室のインストラクター Iさんの話)


「もう4年くらい毎日漕いでるけど、飽きたことないですね」と言ってから、Iさんはそう続けた。

外見で人を判断しちゃいかんな、と思ったのはIさんが痩せマッチョ+全身日焼け+サングラスといういかにもな「スポーツ系アウトドア人種」だったからで、確かにその区分は間違ってはいないのだけど、間違っていたのは「外見=人種」の段階ではなく「スポーツ系アウトドア人種はびわ湖の日々の表情になどお構いなしに漕いで漕いで漕ぎまくるんだろう」という、「人種=性質」の判断だったらしい。

3度におよぶ延期でじりじりしていた「カヤック体験教室」に、今日やっと行ってきた。
空は晴れてびわ湖はほぼベタ凪、絶好のカヤック日和だった。

とりあえず「前へ進む」「左右へ曲がる」「後ろへ進む」を教わってからびわ湖をあちこち漕ぎ回って、岸近くの葦原に漕ぎ行ったり木陰に入ってみたりもして、終わりのほうで「横へ進む(フェリーグライド)」の実演を見せてもらった。調子に乗って真似しようとするとひっくり返りそうになったので止めにしたのだけど、「パドルを縦に入れて8の字に動かす」という説明とその実践がどうして「カヤックが真横へ動く」という結果に結び付くのか、目の前で見てもさっぱり解らない。
(※後日注:これ間違ってます。「フェリーグライド」は流れのある川を横断する時の漕ぎかたで、パドルで8の字は「スカーリング」というわりと上級テクニックのようです。。)

途中で「実は、以前からファルトボートが欲しくて」と言い出すと、こいつは嬉しい驚きだ、といった風なリアクションを返してもらってほっとした。何となく、「あれは体力がないと無理ですよ!」とか、「初心者には乗りにくいでしょうね…」とか言われるのじゃないかと思っていたのだ。

とても熱意を込めてファルトの魅力を語ってもらって、とても具体的なアドバイスを沢山もらって、心を決めた。
知らない人と話をするのは(この歳になっても)未だに苦手だけれど、カヌーショップに行っていろいろ相談してみよう、と。

久々に太陽の下で身体を動かして、やわな私は早くも筋肉痛の予兆を感じているけれど。
でも、とても心地良い疲れ。
付き合ってくれたUさんも、楽しかったみたいで良かった(さすがに「Uさんもファルト買おうよー」とは言えないけど、レンタル有りの初心者ツアーくらいなら一緒に行けそうな手応え!)。

追記、しかしIさん、おすすめのフィールドを訊いた途端「釧路川!」と即答されても…。クシロガワて北海道じゃないですか! たった1日の有休を取るのも難しいのに、北海道って…そして次候補が「四万十川」…うーん、今のところどちらも「夢」だなぁ。

まあ、でもね、できないことを嘆くより、できることを楽しもう。
「びわ湖」というものすごく広いフィールドが、私のすぐ傍にあるのだから。

再追記、カテゴリに「カヤック」追加しました! 未来への希望を込めて(笑)。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。