la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
放浪ヒツジはどこまでも
「気付くと寝台に居て、部屋には蒸留所特有のかすかな湿り気を帯びた木樽の香りがしっとりと漂っていた。」
(クラフト・エヴィング商會『クラウド・コレクター』)


ずいぶん長い旅をした。

カトマンドゥであるはずのないカトマンドゥや、シギショアラであるはずのないシギショアラ。
季節は晩夏だったり晩秋だったりして、残酷なほど荒涼としてはいないけれども、いっときの美しさの中に致命的な瑕疵として悲しみを内包している、そんな風景の中を私は歩いた。

Kと歩いたのは深い藍色をした運河のほとり。何故か風景はガラス越しで、Kと私は「いつか来るならここにしよう」と約束している。CとTと三人で駆け下りたのは煉瓦造りのメトロの階段。すぐ脇を列車が走り抜けて、Cは小さく悲鳴を上げた。

ニューヨークであるはずのないニューヨークで、地上のプラットホームの上に立っている。線路と線路の間にある砂州に似た中央分離帯のところに、自由の女神の巨大な頭部が、顎と右頬とを半ば地面に埋めて転がっていた。その向こうには取り壊された小屋の名残だろうか、古びたコンクリートの壁があり、その周囲でアーミッシュの人々を思わせるモノトーンの服を着た人々が、思い思いに立ったり座ったりして何かを話している。身振りを交えながら笑いあっている恋人たち、寝そべって微笑しているヒッピー崩れの老人。

「ああいう人たちも、ふだんは普通の技術者だったり学校の先生だったりするんだよ」と、後ろから誰かがそう教えてくれる。一瞬、Jかと思って振り向いてみたけれど、そこにはもう、誰もいない。

気がつくと、私はそのプラットホームに一人で立っていた。
ここからどこへでも行けるんだと思った。
どこへでも気の向くまま、好きなところへ。

けれど、私はそこから動けなかった。
どこへでも行けるということとどこへも行けないということが、まったく同じことを意味しているのだと気づいたからだ。

しばらくそこに立ち尽くしていてから我に返ると、自分の部屋のベッドの中にいた。

寝ていた。

眠れないのは解っていたから、ベッドに潜り込んでただじっとしていたのだ。
それがいつの間にか、浅い眠りに引き込まれてしまっていたらしい。

かくて夜中の三時に目を覚ました私は、藍色の川と自由の女神のトゲトゲの冠のイメージに茫然としながら、取り逃がした眠りを慌てて追いかける。

どんな夢オチだよ、と思いながら。
[放浪ヒツジはどこまでも]の続きを読む
スポンサーサイト
世捨てびと帰る
えー、昨日「ぽけっとわいふぁい」なるものを1円で購入しまして、半永久的に続くかに思われたオフライン生活に終止符を打ちました。

乞う拍手。

「テレビ持ってません」と言うと人は驚くけれども、「あ、でもインターネット使えれば何でも見れるしねー」と、何故かコケてもいない私をフォローしてくれようとする人が多かった。そこで私は駄目押しの一言、「あ、ネットもつないでないんですー」。でもそれじゃあんまり気の毒(誰が?)だから、せめてインターネットは繋ごうと思い始めてはや二年が経過。

今までこのブログはインターネットカフェか携帯電話から更新していました(!)が、おかげさまで使い放題の定額、ログインしたままだらだらと本文を書けるようになりました。文体が変わったりするかもしれません。

とはいえ、目下「チェス入門β」でレーティングを上げるくらいにしか使ってません。それも5戦くらいしかしてなくてまだ600くらい。レーティングというのはチェスの強さを示す国際的なポイントみたいなもので、対局で勝つたびに上がっていく(負けると下がる)のだけど、もちろん「チェス入門β」で測れるのは正式なものではなくて目安程度。チェスを覚えたばかりの人がだいたい500、世界チャンピオンだと2800、世界一強いコンピュータRybkaが3100、なのだそうだ。

とりあえず、ネットつなぎました報告、でした。
また時間みつけて書評など更新します。って、年内は厳しいかもしれませんが…。
冬の夜、ロジェは何も言わずに
いつかこの日々を恋しく思う時が来るのだろうか、別れた恋人を慕うのと同じ痛みをもって?

羊の真似をする者が狼に喰われるのなら、狼の真似をする者はきっとトラバサミを踏むのだろう。逃げるためには自分の足を喰いちぎるしか方法はない、けれど狼の皮をかぶった羊にはもちろん、そんな理性的な振舞いはできない。

片足を鉄の顎に挟まれたまま、羊は臆病に、いくぶん怠惰に、逃げ出すことをあきらめるだろう。

理解し合うということは、お互いに理解し合うことは決してないのだということを理解し合うことだ。目を閉じて「僕は君を理解している」と信じてみても、目を開ければ相手は腹を立てていたり傷ついていたりする。少女がぬいぐるみを抱いて眠っても、朝になればベッドの下に転がり落ちているのと同じで…。

狼の皮をかぶって戦おうとはしてみたけれど、Jが言うには僕は「どこから見ても羊にしか見えなかった」そうだ。
自分の葛藤がそんなふうに笑われるのが、何故か、僕には少し心地よかった。

辛い一年だったけど、笑える一面も確かにあったのだろう。

そしてきっと、それはそれで良いんだろう。


Designed by aykm.