la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
難易度★☆☆☆☆の、ささやかで重要な教訓
えー、昨日UPしたばかりのチェスプロブレム、その後なんか急に解けちゃいました。
しかも、解けてみると別に何も不思議じゃない感じで。
こんな簡単なことに三日三晩も悩んでた私って、相当ヒマなのかしらん、と思ったり。

でも、言い訳をするなら、駒の配置が見事に「盤の下側」に偏っていて、視線がそこに集中してしまう。
一手めでどちらかのルークを垂直方向に動かしてどちらかのポーンをキングに取らせる、ということはすぐに思いつくのに、その先、「どうやっても次手でメイトには絶対ならない。だって相手はもういっこのポーンの陰に逃げ戻っちゃうし」となってしまう。

自分でも呆れるのだけど、このプロブレムを解こうと悪戦苦闘していたあいだ、私の脳味噌は「チェス盤に十字を引いて四分割した、その左上の四分の一」の「何の駒も置かれていない空間」を、まったく認識していなかった。

ああ、そうか。
「何もない空間」は、無意味に「何もない」わけじゃなかったのか。
何となく付近をうろうろしてる風な白キングの位置だって、キングのいない盤面はないから、というだけで適当にぽんと置かれてるわけじゃなかったのか。

ほんとに、何てことない単純なプロブレム。
普通にチェスをやる人なら、五秒くらいで解いちゃいそうな気さえする。
すべての駒が不可欠で、余計なものは一切ない、シンプルで綺麗なプロブレムだとは思うんです。
というか、プロブレムってどれも当たり前にそうなのかもしれないけど、この問題は駒の少なさが特に美しいと思う。
でも、難易度という点では、眠れなくなるほどのことはなかった。
と、無事に解けた途端にぞんざいな物言いをしてしまう。
(いや、実はこれ難問なんですよ、と誰かに言ってほしい気はするけど、そんなことは絶対ないと理解するくらいの基準は私にもある)

これまた現金なもので、ひとつ解けた途端に本格的なプロブレム集が欲しくなってしまう。
おいおい。
難易度★☆☆☆☆がひとつ解けたからって、何でも解けると思うなよ。
むしろ、今回のプロブレムから「視野を広く持つこと」とか「世の中に無意味なものなんてない」とかいうまともな教訓を得て、それを実生活に取り入れろよ。

いや、うん。
なるべくそうしようと、努力はしてるんだ。

※解答を載せないのは実は解けてないからではなく、なんかチェスプロブレム関連のサイトが全然そういうことをしてないからで、もしかしたらプロブレムの解答を安易に公開するのってマナー違反なのかな、と思ったからです。え? いや、もしかしたら、万が一にも、プロブレム好きの人がこのページを見ないとも限らないじゃないですか(限っていいような気がすごくする)。
ともあれ、本文がほぼ解答だと思って頂ければ幸いです。
スポンサーサイト
京都南、パン屋ぐるぐるメドレー
「国を守るということは個人が武装することではなく、なるべく他人に銃の引き金を引かせないことなのである。」
(島田雅彦/『楽しいナショナリズム』)


メキシコ国境の壁はどんな風になるんだろうか、と、ずっと考えている。
そこに銃を持った警備兵が配置され、その監視を逃れて命がけで壁を越えようとする人が出るのだろうか。そしていつの日か、スプレー缶の落書きと共にその壁が壊され、小さなジップロックみたいなものに小分けされて土産物屋で売られるのだろうか。

そんなことを思いながらの年明け、そんで、はや2ヶ月。
新年の挨拶なんか今さらですが、一応、今年初めての更新なので、明けましておめでとうございます。ございました。
落ち込んだりも大してせず、私は元気です。
引用は、一応、今年の座右の銘。
「なるべく他人に銃の引き金を引かせないこと」。
身を守るために自分も銃を振りかざすなんて、大人の対応じゃないしね。

ところで、困ったことに、最近とあるチェス・プロブレムが頭から離れない。
自分で解くことは既にあきらめていて、でも正解が知りたくて眠れない。
チェスはそれに魅入られた人を滅ぼすって話も、まんざら嘘じゃなさそうだな、と思ってしまうくらいだ。

chessproblem.jpg


これが問題図。
白先2手詰。
チェス好きだけど下手なので、私の脳味噌は比較的初期段階で思考停止した。
(だって、私の目には「どう見ても無理!」としか映らない。ちなみに私にとってプロブレムの大半はそんな風にしか見えない)
ネットで検索しても正解にたどり着けず、ひとり呻いている。
誰か助けて。



そんで、本題(パン屋ぐるぐるメドレー)はこちら。
 ↓
旅はまだ、終わらない
「白の手は、すべて、偽りの展開でした。」
(フレッド・レインフェルド/『チェス マスター・ブックス② 勝ち方の基本戦術』)


再び、チェスの日々。
というのも、冬の間はカヤックを禁止されているので(別に冬に漕いでも良いのだけど、万一ひっくり返った時に水温が低すぎると死ぬので)。

そして、うどんの日々。
というのも、私はこの歳になって初めて、自分が無類の「うどん好き」だということに気づいたので。

今日、夜9時前に帰宅するや否や(as soon as)、ご機嫌で鍋に湯を沸かしながら(最近の私は残業が全く苦にならなくなるくらい体調が良い。もしかすると世間的にはこれが標準のポテンシャルだったのか? 今までの私はずっと何かの病気で、それが治ってこんなに元気になったのか? と、戸惑いつつ喜んでいる)、年越しそば用に母が揚げた天ぷらを冷凍してもらっていたので、市販の白だしベースに卵とほうれん草とネギを入れて天ぷらうどんを作る。麺は加ト吉の冷凍麺、変にもちゃもちゃしていたり粉っぽかったりせず、煮込めば素直に「へたって」くれるので好き。煮ても煮ても頑固にゴムみたいなコシを保ち続ける麺を私は憎んでいるが、スーパーの冷蔵ケースに平積みされているぐんなりした茹で麺もまた憎んでいる、というかアレはいったん別茹でして水にさらしたくなる! とそこまで考えて、あっそう言えばお昼に食べたのはカップうどんだった、と思い出したのだけど、それでも特にがっかりはしなかった(たぶん私は三食うどんでも平気)。

いや、うどんのことはどうでもいいのだ。
ちょっと、誰かに向かって「私はうどんが好きだ!」と言ってみたかっただけで。

もとい、チェスの話。
以前にも書いた「チェス入門β」の戦績ではレーティング1180となかなかに上達した感じがあるのだけど、白番でしか指してないし人間相手には最近まったく指してないし(というのも唯一のチェス友達と会えなくなってしまったので)、定跡もぜんぜん覚わらないし、引用した本にしても「すべて偽り」とはまた必要以上にドラマティックな翻訳をするのだな、なんて変なところにばかり気を取られて、勉強の方にはぜんぜん身が入らない。

うーむ。まったくもって無為な記事になってしまった(だいぶ以前から、このブログが「生きるための独白」ではなく「たぶん読んでいるだろう誰かへの近況報告」に変わってしまっていることは自覚していて、何となく忸怩たるものを感じてもいるのだけど、所詮ブログはブログ、それに今の私が生きるために必要としているのはこの「誰かへ向けた近況報告」に他ならないのだ、と開き直っています。

ともあれ、私は当面チェスと戯れながら、そしてうどんを食べながら、春の訪れを待ちます。
春が来て、水温が上がるのを。
水温が上がって、ひっくり返っても死なない季節が来るのを。

そんな冬の過ごし方も、また心楽しいもの。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。