la petit cuvee

“プチキュベ”と、舌ったらずに発音して下さい。 くれぐれも、「ヴェ」と下唇を噛まぬよう・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
招かれざる客への、深夜の言い分
夜。
疑いもなく夜。
ほぼ深夜。

リアルタイムでどうでもいいことをUPしてみると、つまり、つい先ほど、部屋にゴキブリが出たのです。
伏字になんかしませんとも。
ゴキブリです。
太字にしてもいいくらいです。
ゴキブリです。
それも、黒くて艶々して、ほとんど「ぷりっと」したやつです。

あのね、ベッドの上で須賀敦子の『ミラノ 霧の風景』を読みふけってるときに、エアコンの送風口からいきなり肩先にぽったり落ちて来るなんて、アナタどう考えても非常識でしょう。
冷や汗かきながら凍殺ジェットで凍殺して、台所用のビニール袋に密封して捨てましたけど。

うちは田舎住いなので、そりゃ虫は出ます。
おうち周辺にはスズメバチとかムカデとか、マムシなんかも平気で出ます。
庭の菜園においては、ミミズは土を耕してくれる「お百姓さん」だし、アシナガバチは害虫を捕食してくれる頼もしい「騎士」です。
家の中だって、ムカデもヤスデも出るし、蛾や蟻や謎の羽虫やらは普通に共存してるし、可愛いところで(?)ヤモリやアシダカグモはもう「友達」の域です。

でも。
ゴキブリは、なんかちょっと、違う。
でもまだ、台所や居間や、そういうところに出るんならまだいい(いいのか?)。

私が寝るとこに出るってどうよ。

ああもう、田舎ムリ。
(というか、都会でも出るのかあいつらは。)

何でもいいけど、いま私は須賀敦子の『ミラノ 霧の風景』を読んでいて、大好きな梨木香歩と通じるところがあるな、と思ってて、キリスト教とか海外での生活経験とか共通点も多くて、でも梨木さんは「白身魚とハーブ」の人で須賀さんは「生ハムとオリーブ」の人だな、と思って、今の私は生ハム&オリーブの気分なんだな、とか思ってて。

そんな時に肩先にゴキブリが落ちて来てそれを退治しなきゃならないっていう悲愴感。

はい。
ただいま退治完了しました。
とりあえず、ぶっちゃけずにはいられませんでした。

おやすみなさい。
早く涼しくなればいいのに。
スポンサーサイト
Populism? No, it’s just a fuckin’ Egoism!
「彼等から、愛と憎しみと、快楽と苦痛と、希望と危惧とを取り去って見よ、彼等はもはやなに一つ感じないであろう。」
(アヴェ・プレヴォ/『マノン・レスコー』)


不安はあったし、不吉な予感のようなものすらあった。

アメリカ大統領選の話だ。

や、タイトルの英語は、正しいかどうか自信ありませんが(特に「a」)。

まさか、幾ら何でも、そうはならないだろうと思っていた。
アメリカ国民ってそこまで馬鹿なのか、と思った。
何だよその上から目線。
でも、考えてみれば、日本国民だってここまで馬鹿だ、と思った。
これは前回の国政選挙の話。
何だよその上から目線。

ていうか「国民」っていったい誰なんだ。
「国民」って、それはもちろん「私たち」のことだろう。
なら「私たち」が馬鹿なのか。
「私たち」がそれを選んだのか。
いや、少なくとも、「私たち」は(ちょっとは馬鹿かもしれないけど)選んでない。

ということは、この「私たち」と、その「私たち」は違うのだ。
そして、その「私たち」のほうが、この「私たち」より多数派なのだ。

トランプ支持者の多さを目の当たりにして、現実に排斥される側にいる人たちが感じている恐怖を思うと、息が詰まる。排斥されない側の人の中にも、不安や恐怖、理性的な憂慮や危惧を感じている人は多い。所詮アメリカの話だし他人事じゃないか、と言われるかもしれないけれど、実はぜんぜん他人事ではないし、そもそも私はまったく知らない誰かの身に起こるあらゆる悲喜劇を他人事として捉えられない(たぶん特異な)体質なので、自己の利益を確保するために他者を徹底して踏みつけることの、「ざらっ」としてなおかつ「ぬめっ」とした、残酷な利己主義の気配に総毛立ってしまう。

選挙結果を見たあと、小一時間、現実逃避していた。
ドイツの音楽フェスの、ザ・ストライプスのステージを、you tube で観ていた。
これは本題とはまったく関係なくて、思いがけなく共通する主題が見つかったりはしないので、読み飛ばしてもらって全然いい。です。
オリジナル(とされている、というのも私はストライプスのオリジナル楽曲にあまり一貫性を見いだせないので、ある程度ゴーストライターがいるんじゃないかと勝手に勘ぐっている)曲はほとんどテンポが速すぎて、ロス歌うの大変そうだなあ、と思ったり、みんな成長して衣装が各自の好みにバラバラになってきたな、とか、前はエヴァンの顔(とふわふわエンジェルヘア)がいちばん好きだったけど最近ピートが雰囲気いいな(ぽっちゃりおっとりなイメージだったけど何気に演奏いちばん巧いし)、とか、ジョシュ調子に乗り過ぎて浮いてなきゃいいけど、とか、まあでも全体的にずいぶん楽曲の解釈に遊びというか余裕が出て来て、ライヴパフォーマンスがこなれて俄然カッコよくなってるな、とか、あれこれ思いながら観ていて、それでもやっぱり、意識は現実に引き戻される。

現実に戻って。
ポピュリズムの台頭が取りざたされていて、私もそれを否定する気はない。
でも、ここまで来ると、それはもう「ポピュリズム」とさえ呼べないのじゃないか、と思う。
これじゃもう、はっきり、身も蓋もなく「エゴイズム」だろう、と。

選挙結果を知らせるインターネット上のニュースで、トランプ勝利の報に悲嘆のあまり泣き崩れる女性の画像を見た。今回の選挙が、どれだけ感情論で動いていたかがよく解る(私の印象では一方的にトランプ陣営が煽ったものだ)。けれど私には、自国の大統領選の結果に涙する彼女の「感情」を、冷めた目で見ることはできない。

私とて、あまりにも狭量な「大国」の判断を目の当たりにして、最初は絶望しか感じなかったのだ。
日本の現政権とかち合ってしまったことが、またその絶望に追い打ちをかける。
在日米軍撤退(沖縄から基地がなくなるのは喜ばしいのだけれど)、となると、日本は再軍備、核武装、といった「刃物を振りかざして互いを威嚇し合う」外交に喜び勇んで邁進する、と、悲観的な私は思う。

いっそ、刃物を捨て両手を上げて「私は無力です。こんな私を攻撃したら、国際社会があなたを人でなしと罵るのは確実ですよ」と、人間の良心に訴えることはできないのか、と、「抑止力」という事実上の「脅し」に対して私は常々思っていたのだけれど、今そんなことを言っても「戦いもせず腹を見せて降伏するのか」なんて責められそうだ。

そろそろ現実逃避に戻ろう。
何だか、耐え難くなってきた。

明日がどんな一日になるのかはまださっぱり解らないけれど、せめて私は理性的に落ち込み、理性的に悲しみ、理性的に泣き、理性的に怒ろう。
私がそんなふうに落ち込み、悲しみ、泣き、怒っている理由は、大多数の「私たち」には理解されないだろうし、大多数の「私たち」は大多数であるだけで無条件に力を持つものだから、自分がそれに抗わなければならない場面に直面したとき、今の私にその力があるかどうかは覚束ない。
でも、どう転んでも、そうなったらやってみるしかない、と思う。

どこまでも陳腐なことに、私の願いはひとつだけなのだ。
地には平和を、人には愛を。
梨木香歩の『僕は、そして僕たちはどう生きるか』を再読した直後だけに、ことさら。
4番目のノスタルジア
「短くも寂しくも幸多かりし暑き我が夏」
(ニーチェ/堀口大学訳、サン=テグジュペリ『夜間飛行』より孫引き)


物心ついてからの十数年を過ごした場所を、ものすごく久しぶりに訪ねた。
車に自転車を積んでいって、現地で自転車を組んで、あちこち走って回ったのだ。
当時住んでいた家の跡地や、よく遊びに行ってた山や(夏になると地蔵盆の頃に肝試し大会があって、ゴール地点の神社では経かたびらを着た髪の長いお姉さんが「はーい、こちらが最後のチェックポイントですー」とか言って、お化けらしさの欠片もなくニコニコしてお菓子くれたのを思い出す)、通ってた小学校や、大して清流でもないのに何故かカワセミがいたちっちゃい川や、そんなものを見てきた。

子供の頃に遊んでた崖(私たちがつけた「獣道」ならぬ「子供道」も、ぼんやりとまだ残っていた)、友達と遊んだあとで家に帰る時に登ったコンクリートの階段、よく猫を連れて散歩した道(飼ってた猫はかなりの「アホ」だったけど、一緒に散歩してくれる猫ではあった)。
何もかも、ぜんぶが3/4スケールに見えた。

大きな立て看板の後ろに隠れて、こっそり「ねるねるねるね」的な駄菓子を食べてるのを親に見つかって、「食べるなら家で食べなさい!」とものすごく怒られたこととか(うちの家は人工的な着色料やら香料やらにかなり神経質だったので、親の前じゃドギツイ駄菓子なんかとても食べられなくて、それでも子供の頃はそういうのが食べたくて仕方なかった)、つつじの芯(雌蕊なのかな)を摘んでは蜜を吸ってたこととか、空腹だったわけでも美味しかったわけでもないのに何故か山に行くとすかんぽ(イタドリ)を折ってかじってたこととか、夏休みの朝に車庫まで牛乳を取りに行ってたこととか(どういうシステムだったのか、崖の上の細い道をたどった先に車一台ぶんのガレージみたいのがあって、そこに毎朝、近所の人たちぶんの牛乳が配達されてた。普通に今ある1リットル紙パックので、要冷蔵なのに普通に野ざらしで置いてあった気がする)。

自分の子供時代がさほど幸福に満ちてキラキラしていたわけではない。むしろネガティブなことばかりを強く記憶しているくらいだ。
でも、あれもこれも大したことじゃなかったんだ、と、心底から思った。
悲しかったことも苦しかったこともうまく遊べなかった遊びも、友達をがっかりさせたり傷つけたりうんざりさせたりしたことも。
あの頃の世界も、視界も、記憶も、重要度も。
気がついたら、ぜんぶが3/4スケールになっていた。

3/4だから、すっかり忘れたわけではなく、むしろまだ囚われている部分は多いのだろう。
でも1/4の「解放感」が私に吹き込んだ風があまりにも幸福に満ちていたので、小学校からの下校ルートをたどる途中、クロスバイクのペダルを踏みながら風に乗せて叫ぶしかなかった。
「ここがカワセミのいた川っ!!」
(注、いちおう後ろからシクロクロスで家人が追走してました。でも一人で走ってたとしても叫んだんじゃないかと思います)

もし今、何でも願いが叶うなら、私は子供の頃の自分に会いたい。
会って、言いたい。
そんなに心配しなくていいからね、と。
辛いことや悲しいこと、腹の立つことは、これからもたくさんある。
ただ生きるだけのことをとてつもない重荷に感じて放り出したくなる時も、きっとある。
でも、心配しなくていい。
君の天秤は、ちゃんと釣り合うようになってるから。

ただそれだけ、教えてあげたい。
くろんど池に羊を見に行こうプロジェクト、vol.2
わあい。
羊だ。
羊だ。

「くろんど池に羊を見に行こうプロジェクト」、万全を期しての再チャレンジで無事、羊との邂逅を果たしました!
羊の何がそんなに嬉しいのだ、と言われると大した説明はできないのだけど、まあ、普段から些細なことにいちいち感激したり憤激したりしている私にとっては、羊は一大事なのです、はい。

厳密に言うと羊がいるのは「くろんど池」ではなくてその近くのごく普通の農村にある田んぼで、運が良ければ放し飼い状態の羊が目の前で草を食んでいるのが見られる(しかも触れそうなくらい近い)らしい。
今日は羊たちは残念ながら田んぼには出ていなくって、フェンスの奥にある小屋の中に納まっていたのだけど、道から声を掛けて手を振ったらなんか皆ぞろぞろ出て来て「呼んだ?」「何か用かいな?」と、わらわらフェンス際に並んでくれた。

瞳孔が横長で、毛がもこもこしてて、ちょっと薄汚れてて。

羊って、見るたびに思うけど、決してフワフワでもなければ真っ白でもなくて、いかにも手触り悪そうなのが笑える(間違いなくゴワゴワして油っぽい)。
外出先で写真を撮ったりするのはあんまり好きじゃないのだけれど、一応、記念撮影をして(羊、微動だにせず。実にサービス精神旺盛)、無事に帰って来た。
20160814-sheep.jpg
インストア★パンデミック!
インフルエンザが猛威を振るっている。
毎日、職場にスタッフの誰かしらから欠勤の連絡が入る。
およそ一日あたり一名の割合。そして目下、5名が罹患中。

毎朝、出勤してきたメンバーと互いの無事を喜び合い、帰るときは明日の再会を誓い合う。
そして皆ちょっと、非常事態にはしゃいでいる感じが、なくもない。
小売業の現場なので、人数が減ると一気に勤務時間めいっぱいドタバタになるのだけど、皆いつもより良く喋り、良く笑う。シフト表を確認して「これ明日、死にますね」とか「ていうか今日既に死んでる」とか言いながらも、皆、笑ってる。

逆境を好むという性質にははっきりと二種類あって、私が嫌いなのはマゾヒスティックなそれだ。自分がこんなに大変なんだ、と周囲にアピールしつつ、そういう自分に酔う、というもの(過去の話をするなら私も身に覚えがなくもない、という点がものすごく恥ずかしい)。
そしてもうひとつは、逆境を好むというよりは逆境を克服することを好む、やや好戦的なそれ。いま私の周囲にあるのはこちらのほうの空気で、「もう死んでる」とか何とか言いながら実は「そんな状況でも自分たちで何とか乗り切れる」ことを(ほぼ)確信していて、そうできる自分を幾らか誇らしく感じている。
クライマーが絶壁を見上げてゾクゾクするのと、スケールはめちゃくちゃ異なるけれど、確実に共通する高揚感、かもしれない。

非常事態にはしゃぐ、というのは、確かにやや不謹慎ではあるのだけれど、他の誰かが病気になって仕事を休んだとき、それを「ちょっとしたお祭り騒ぎ」にして盛り上がって乗り切るほうが、「迷惑」だと放言するようなメンタリティよりはずっと健全で好ましい。

そして今日、「サトさん強いっすよねー」等と学生バイトの子に言われた。確かに、今の職場で病欠したのはこれまで一日だけだ。子供の頃はしょっちゅう熱を出したり、やれ自家中毒だ中耳炎だと、とかく学校を休みがちな「虚弱児」だったのだけれど(中耳炎で学校を休むてどんな軟弱さだよ、と今では思うのだけど、確かに小学生の頃、自分の部屋でなく居間に布団を敷いて寝かされていて耳の奥が痛くて唸っていた、という記憶が残っている。そして「ジカチュー(自家中毒のオリジナルの愛称)」と「チュージエン」とは、言葉の意味を理解するより前にその発音で覚えてしまっていたので、たぶん子供の頃の私にとってはそれが「世界の二大厄介ごと」だったのだろう)。

前々から折に触れ言っていたことだけれど、もう一度繰り返したい。
「大人になるって素晴らしい」。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。